「クボは1対1に優れていて…」ヘタフェ指揮官が久保建英をベタ褒め!「人間性も評価している」

「クボは1対1に優れていて…」ヘタフェ指揮官が久保建英をベタ褒め!「人間性も評価している」

ウエスカ戦の前日会見で、ボルダラス監督(右)が久保について言及した。 (C)Getty Images



 現地時間1月20日に開催されるラ・リーガ第19節で、久保建英が加入した13位のヘタフェは、岡崎慎司を擁する最下位のヘタフェとホームで対戦する。

 残留争いという意味でも重要なこの一戦を前に、記者会見に臨んだヘタフェのホセ・ボルダラス監督が、新戦力の久保とカルレス・アレニャについて言及した。『MARCA』紙などが伝えている。

 11日に行なわれた前節のエルチェ戦で、ぶっつけ本番だったにもかかわらず上々のデビューを飾った両MFについて、まず「熱意を持ってここに来てくれて嬉しい」と語った。

「加入前に話をする機会があった。彼らはヘタフェに来て、貢献し、チームを手助けすることを望んでいると私に言ってくれた」

【動画】入団会見でヘタフェ移籍の理由を語る久保建英
 そして、時間がないなか、エルチェ戦でデビューを果たし、「両手を広げて歓迎された」という2人のレフティについて、「彼らは明瞭で、ゲームをよく理解しているプレーヤーだ」と評価し、こう続けた。

「クボは1対1に優れていて、彼らはクオリティとラストパスを与えてくれる選手だ。様々なポジションでプレーでき、チームもコーチ陣も喜んでいる。プレーだけでなく、人間性も評価しているんだ」

指揮官から、能力を称えられた久保は、その期待に応えることができるか。まずは岡崎との日本人対決に注目だ。

【動画】2点に絡む大活躍!ヘタフェ久保建英の圧巻デビュー戦はこちら

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)