【ゼロックス杯】川崎の最注目株、三笘薫が2ゴール! それでも表情が暗いワケ「すごく反省しています」

【ゼロックス杯】川崎の最注目株、三笘薫が2ゴール! それでも表情が暗いワケ「すごく反省しています」

立て続けに2得点を重ね、チームの勝利に貢献した三笘。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



[ゼロックス杯]川崎3-2G大阪/2月20日(土)/埼玉スタジアム2002

 立て続けに2ゴールを挙げてチームの勝利に貢献した川崎フロンターレのMF三笘薫。しかし、試合後の会見で口にしたのは反省の弁ばかりだった。

【ハイライト動画】三笘薫が2ゴール! 川崎が2021年一発目を勝利で飾る

 プロ1年目の昨シーズンはスーパーサブとしての起用が多かった三笘。それでも、今年1本目の公式戦となった富士ゼロックス・スーパーカップではさっそく先発出場を飾った。立ち上がりはガンバ大阪にセカンドボールを拾われ苦しんだが、川崎は徐々にペースを掴むと、29分に三笘がMF田中碧との連係から左サイドを抜け出し、GKとの1対1を冷静に制して先制ゴール。さらにその3分後にも、DF山根視来のシュートをゴール前で詰めて2点目を奪った。

 シーズン開幕を告げる試合でいきなりの2ゴール。昨年はルーキーながらリーグベストイレブンに輝くなど輝かしい1年を過ごし、この日も結果で実力を証明したJ屈指の注目株だが、試合後の表情は暗かった。
 
「2―0で前半を折り返して、追いつかれてしまったのは反省点。個人としても得点以外は何も出来ていない印象があります。失点した時は相手に流れを持っていかれるシーンが多くて、セカンドボールにもなかなかアタックに行けず、中に縦パスを入れられることがすごく多かった。そこはもっと集中しないといけないですし、前線の選手としてはもっと守備に貢献しないといけないとは感じているので、すごく反省しています」

 また攻撃面でも、昨季のような積極的な仕掛けが出せなかったことを悔やみ、課題を口にした。

「去年もそうですけど、今日もそこまで対策されているイメージはなかったので、1対1でもっと勝たなければいけなかった。うまく味方を使えば得点のチャンスは多くあると思うので、そこは去年と変わらず連係しながらゴールに迫っていきたいです」

 昨シーズン、国内で大きな注目を集めた三笘だが自身への過信は一切ない。勝負のプロ2年目、謙虚な姿勢を貫くドリブラーへの期待は高まるばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【スライドショー】三笘が2発!パトリックの同点弾、そして小林が劇的な決勝点!

【映像】マスコット投票!ランキングベスト10

【ゼロックススーパーカップPHOTO】川崎 3-2G大阪|G大阪の猛攻に遭い2点差を追いつかれるも…小林の劇的勝ち越しゴールで川崎が勝利!

【マスコットPHOTO】1位に輝いたのはヴィヴィくん!総選挙TOP10入りを果たしたマスコットたちを特集!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?