【ルヴァン杯】前回王者FC東京が田川亨介の強烈な一撃でウノゼロ勝利! 神戸は逆転で白星スタート!|Bグループ

【ルヴァン杯】前回王者FC東京が田川亨介の強烈な一撃でウノゼロ勝利! 神戸は逆転で白星スタート!|Bグループ

強烈な左足で決勝ゴールを挙げた田川。写真:滝川敏之



 JリーグのYBCルヴァンカップ・グループステージの第1節の8試合が3月2日、3日に各地で開催。Bグループでは、ヴィッセル神戸とFC東京が初戦白星スタートを飾った。

 2日に行なわれた大分トリニータ対ヴィッセル神戸の一戦は、アウェーの神戸が先制されながらも3点を重ね、3−1の逆転勝利を挙げた。

 試合は20分に、長沢駿を起点とした攻撃から、最後は松本怜のクロスに藤本一輝がヘディングでネットを揺らし、大分が先制する。しかし、神戸も素早いパス回しで相手を押し込み徐々に反撃に出ると、前半終了間際に同点に追いつく。44分、右CKからのボールを増山朝陽がヘディングで叩き込み、1−1のタイスコアとして前半を折り返した。

 後半も神戸が攻勢を強め、51分には増山からのクロスを高卒ルーキーの櫻井辰徳がヘディングシュート。これはGKの好セーブに阻まれるも、こぼれ球を中坂勇哉が押し込み、逆転に成功する。神戸はさらに81分にもカウンターから田中順也が3点目を挙げ、敵地で快勝を収めた。
 
 一方、ホームの味の素スタジアムに徳島ヴォルティスを迎えたFC東京は、田川亨介の一発を最後まで守り抜き1−0の勝利を挙げた。

 立ち上がりから中盤での一進一退の攻防が続いた試合は、球際の争いを制したFC東京がサイドをうまく使って相手を押し込む。再三にわたりクロスから好機を創出し、35分にはFKのクロスボールに青木拓矢がヘッドで合わせるも、相手GKの好セーブに阻まれる。

 なかなか1点が遠い展開が続いたが、59分にFC東京が待望の先制点を奪う。永井謙佑がペナルティエリア右からファーサイドを狙ったパスを供給すると、相手のクリアボールのこぼれ球に反応した田川が左足で強烈なシュートを放ち、ゴールに突き刺した。

 終盤に息を吹き返した徳島に危険なシーンを作られたものの、最後までリードを守り切ったFC東京がルヴァン杯の初戦を勝利で飾った。

 次節Bグループは、27日に徳島対大分、28日にFC東京対神戸が行なわれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】田川亨介の強烈ショットが決勝弾! FC東京が徳島とのルヴァン杯初戦を制す!

関連記事(外部サイト)

×