C大阪、大久保嘉人が1G1Aの大活躍も2戦連続の逆転負け…森重真人の劇的弾でFC東京が今季リーグ初白星!

C大阪、大久保嘉人が1G1Aの大活躍も2戦連続の逆転負け…森重真人の劇的弾でFC東京が今季リーグ初白星!

C大阪 大久保活躍も逆転負け

C大阪、大久保嘉人が1G1Aの大活躍も2戦連続の逆転負け…森重真人の劇的弾でFC東京が今季リーグ初白星!

アディショナルタイム、森重の劇的弾でFC東京が逆転勝利を収めた。(C)SOCCER DIGEST



 J1リーグは3月6日、第2節の8試合を各地で開催した。なお、ガンバ大阪対鹿島アントラーズは中止となっている。

 味の素スタジアムで行われたFC東京とセレッソ大阪の一戦は3−2でホームの前者が逆転勝利を収めた。

 開幕戦で浦和と敵地で1−1の引き分け、3月3日のルヴァンカップ初戦・徳島ヴォルティス戦ではメンバー全員を入れ替え、1−0で勝利してきたFC東京は、浦和戦と同じくディエゴ・オリヴェイラをCF起用。両翼にレアンドロと、ルヴァンカップで決勝弾を決めた田川亨介を今季初の先発起用とした。

 一方のC大阪は、開幕戦の柏レイソル戦は2−0で白星発進となったものの、ACL出場の為、前倒し開催となった3月3日の第11節・川崎フロンターレ戦は大久保嘉人のゴールで2度のリードを奪うものの、2−3で逆転負け。今シーズン開幕から2戦連発3ゴールを記録している好調大久保を先発で起用。開幕戦と同じメンバーで挑んだ。

 試合は、アウェーのC大阪が先手を奪う。14分に敵陣でボールを奪った坂元達裕がシュート性のクロスを供給。ディフェンスライン裏抜け出した大久保が頭を伸ばしゴールへ流し込み、先制に成功。大久保は開幕から3戦連発の4ゴール目をマーク。J1通算189ゴール目を挙げた。
 
 一方のFC東京は、右SBの中村帆高が長い距離を駆け上がり、43分、前半のアディショナルタイムと続けてシュートを放つ。

 さらに後半開始時にイエローカードをもらっていたアルトゥール・シルバに代えCBジョアン・オマリを投入。CBで出場していた森重真人を1列前のアンカーの位置に上げ、攻勢を強める。

 すると54分。西尾隆矢からのバックパスの対処に手間取ったGKキム・ジンヒョンへ田川が詰め寄ると、そのままゴールへ押し込み1−1の同点に追いつく。

 しかし、直後に再びリードを許してしまう。右サイドで坂本との連係から抜け出した大久保に抉られ、低いマイナスのクロスを送られると、ゴール中央で清武弘嗣がスルーし、走り込んだ原川力に豪快なシュートを決められ、1−2と再びリードを許す。

 それでも69分。ペナルティエリア手前で安部柊斗がFKを獲得すると、キッカーのレアンドロが直接ゴール右隅に決め2−2と再び同点に追いつく。

 さらに、アダイウトン、三田啓貴、永井謙佑を次々と投入し相手ゴールに迫ると、アディショナルタイムに歓喜の時が訪れた。

 左サイド深い位置で得たFK。レアンドロからのクロスを森重がわずかにコースを変え、ゴールに流し込み、この試合初めてのリードを奪うと、反撃も凌ぎ試合終了のホイッスル。FC東京が3−2でC大阪に逆転勝利を収めた。

 次節は、3月10日にFC東京はヴィッセル神戸と、C大阪は清水エスパルスとそれぞれホームで対戦する。

取材・文●渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb編集部)
 

関連記事(外部サイト)