森保ジャパンの「無慈悲」な14ゴールに世界が驚愕!伯メディアは「メッシになった」伊東純也を満点評価

森保ジャパンの「無慈悲」な14ゴールに世界が驚愕!伯メディアは「メッシになった」伊東純也を満点評価

驚愕の14ゴールを叩き込んだ日本のパフォーマンスに海外メディアも驚愕の声を挙げた。(C)Getty Images

3月30日、カタール・ワールドカップのアジア2次予選が行なわれ、日本代表は14−0という大差でモンゴル代表を下し、最終予選進出に王手をかけた。

 モンゴルのホームゲームでありながら、コロナ禍の影響によって千葉市のフクダ電子アリーナで開催された一戦、13分に南野拓実のシュートで先制すると、これが大量得点の口火を切る形となり、大迫勇也、鎌田大地、守田英正が次々にゴールネットを揺らし、さらに相手のオウンゴールもあって、前半だけで5点のリードを奪う。

 後半はさらに勢いが増し、55分の大迫の2点目に始まり、稲垣祥、伊東純也、古橋亨梧、そして伊東と古橋の2点目と、6つのゴールが生まれ、アディショナルタイムでも浅野拓磨と稲垣が決め、大迫はハットトリック、稲垣は代表デビュー戦で2ゴールを達成した。

 森保一監督はこの試合のテーマを「相手ではなく、自分たちがどう集中して試合に入るか」に置いていたと明かし、大勝利を実現した選手を「良い準備をしてくれて、試合の中でも自分たちで高めることを忘れずに、隙なく油断なくやってくれたのが(大勝に)繋がったと思う」と称賛。一方、モンゴルのスロバキア人監督ラスティスラブ・ボジクは力の差を認めながら、その中で「最後まで諦めなかった」ことを自チームの収穫に挙げた。
  W杯予選では史上最多、そして全体では1967年のメキシコシティ・オリンピック予選のフィリピン戦(15-0)に次ぐ記録である14点を挙げての日本の勝利について、FIFA(国際サッカー連盟)は公式サイトで「容赦のない破壊でモンゴルを下した」と報じ、AFC(アジア・サッカー連盟)は予選5試合目でも無失点であることも含めて「完璧な記録を維持」と伝えた。

 各国メディアの注目もこの大量得点と点差に集中し、英国の『BESOCCER』は「冷酷なまでの大勝を飾った日本と、不幸なモンゴル」と両チームを表現、イタリアの『la Repubblica』は「雪崩式にゴールを決め続け、モンゴルに屈辱を与えた。日出づる国のチームは記録に迫る14ゴールを挙げ、吉田麻也と冨安健洋の“イタリア防衛ライン”が1点も許さなかった」、メキシコの『TUDN』は「これは野球のスコアではない」、『EUROSPORT』は「日本の公開練習のようにも感じられた」と綴っている。

 各国のメディアの記事タイトルには「無慈悲」「地滑り的」「スキャンダラス」「センセーショナル」といった言葉が並び、なかには「虐殺」といった物騒な表現も。また幾つかのメディアは、これほどの点差がついているにもかかわらず、アディショナルタイムが3分間とられたこと、そしてその間に3つもゴールが生まれたことにも驚きを示した。
  そんな中、ブラジルの『globo.com』は今回も日本の試合を詳しく報道。W杯予選での最多得点記録では1997年のマカオ戦(10−0)を更新するものであることを紹介した同メディアは「真剣にプレーし、最後まで攻め、ゴールを狙い続けるという、チームの態度こそが最も重要なものだった」と評し、この代表ウィークで計17ゴールを挙げた日本を称賛した。

 選手採点が最も高かったのは伊東で、10点満点! 寸評では「右サイドから常にドリブルで相手を危険にさらし、2ゴール3アシストを決める完璧なパフォーマンス。7ゴールに絡んだ。彼はこの日、メッシになった」と賛辞が続いた。
  これに続いたのは、松原健と大迫で「8.5」、「8」は浅野、「7.5」は吉田、鎌田、南野、稲垣、古橋と一番多く、「7」は小川諒也、守田、「6.5」は冨安、遠藤航、そして最低の「6」(それでも及第点)はほとんど仕事のなかった権田修一、中谷進之介、畠中槙之輔だった。

 結果は言うまでもなく内容も問われる格下との一戦で、文句のないパフォーマンスを披露した日本。これが、今後のチーム、そしてクラブレベルの戦いに戻る選手たちにいかなる影響を与えるのかが興味深いところだ。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】怒涛の14発!モンゴル代表を粉砕した日本代表のゴールラッシュをプレーバック

関連記事(外部サイト)

×