羊の鳴き声で9億円の豪邸を捨てる!? マンUに復帰したC・ロナウドの引っ越し騒動が話題に「たとえお金を捨てようとも」

羊の鳴き声で9億円の豪邸を捨てる!? マンUに復帰したC・ロナウドの引っ越し騒動が話題に「たとえお金を捨てようとも」

マンU復帰後は公式戦2試合で3発と絶好調のC・ロナウド。しかし、プライベートでは“問題”を抱えていたようだ。(C)Getty Images

誰よりも自身の健康に気を遣ってきたカリスマは、些細な問題も許さない。

 現地時間9月15日に興味深いニュースが報じられた。英大衆紙『The Sun』がすっぱ抜いた情報によれば、今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドへの電撃復帰を果たしたC・ロナウドが、新天地で早くも2件目の家に引っ越したというのだ。

 12年ぶりにレッドデビルズに帰還したC・ロナウドは、パートナーのジョージナ・ロドリゲスさんと4人の子どもたちを連れ、チェシャー州にある600万ポンド(約9億円)の邸宅に移住。7つのベッドルームやプールなどが備わった豪邸で新たな生活を始めていた。

 ところが同紙によれば、わずか数週間のうちに別物件への引っ越しを決断。しかも300万ポンド(約4億5000万円)とグレードダウンする物件を購入したのだ。

 いったいなぜ、36歳のポルトガル代表FWは早々に豪邸を手放したのか。『The Sun』紙は「独自に取材した」という関係者のコメントを紹介している。

「あの物件は美しい環境にあり、なだらかな畑や森林に囲まれている自然豊かな立地にある。だが、早朝に騒がしく鳴く羊の牧場も近くにあり、彼らはそれに悩まされていたみたいだ。また、家の土地の向こう側には公共の歩道があり、そこから家の内側が見えていたことも理由のひとつらしい」
  C・ロナウドはなによりも睡眠を重要視するアスリートとして知られており、独自の睡眠法は話題にもあがった。それだけに早朝から聞こえる“騒音”に嫌気がさしたのかもしれない。また、同紙の取材に応じた別の情報筋は、次のように語っている。

「ロナウドは試合後の休息と回復に重点を置く、真のプロフェッショナルだ。だからこそ、たとえお金を捨てようとも、彼は引っ越しを行なうことが最善だと判断したんだ」

 なお、金額的にはダウンしたが、新居も7つのベッドルームやシネマルーム、プールを完備する堂々たる豪邸だ。彼が気にかけているプライバシーの問題も完璧で、警備員の巡回や監視カメラも配備されているという。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)