総資産は驚愕の48兆6400億円! サウジ資本で“世界一リッチ”になったニューカッスルはどう変わっていくのか

総資産は驚愕の48兆6400億円! サウジ資本で“世界一リッチ”になったニューカッスルはどう変わっていくのか

サルマン皇太子(右)が実質的なオーナーのPIF。彼らによって買収されたニューカッスルは、今後どんな成長曲線を描いていくのだろうか。(C)Getty Images

サッカー界に驚きの一報が入ったのは、現地時間10月7日だ。プレミアリーグは、サウジアラビアの政府系ファンド『PCPキャピタルパートナーズ』を筆頭に構成される公共投資ファンド(PIF)が、ニューカッスル・ユナイテッドの買収を完了させたと発表したのである。

 まさに電撃的な買収劇だった。奇しくも日本代表がサウジアラビア代表に敗れたその日に決着したのだが、複数の英メディアによれば、その買収総額は3億500万ポンド(約475億8000万円)に達したという。

 もっとも、かねてから折衝を繰り返してはいた。契約寸前まで漕ぎつけた昨年の夏には、人権問題を抱えたサウジアラビア王室の経営関与が障害となり、交渉は破談に終わっている。だが今回、PIFとプレミアリーグが「王室がオーナー権を握らない」ことで法的合意。ついに契約に至ったのである。

 とはいえ、オーナー権を握らないとしながらも、その実権がサウジアラビアの王室にあるのは疑いようがない。PIF株式の80%を彼らが賄っているとすっぱ抜いた英紙『The Sun』は、「ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が実質的なオーナーだ」と指摘している。

 驚くべきは、その総資産額だ。同紙によれば、今回の買収を完遂させたPIFのそれは、なんと3200億ポンド(約48兆6400億円)。2011年にパリ・サンジェルマンを買収したカタール投資局の資産額2200億ポンド(約33兆4400億円)を大きく上回り、ニューカッスルはサッカー界でもっとも裕福なクラブに躍り出たのだ。
  まさに一夜にして巨万の富を得た。では、現在プレミアリーグで19位と低迷するニューカッスルはいかに変貌を遂げていくのだろうか。複数の英メディアでは、すでにキリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン)やアーリング・ハーランド(ドルトムント)らビッグタレントの名前が新戦力候補として列挙されている。

 買収に伴って新役員となったアマンダ・ステイーブリー氏は、いたって冷静だ。2008年にアブダビ・ユナイテッド・グループによるマンチェスター・シティ買収にも携わった敏腕ビジネスウーマンは、クラブの経営戦略について、こう語っている。

「私たちの野望はファンと同じ。成功し続けるチームを作り、常にビッグタイトルを獲れる争いに絡み、世界中にニューカッスルのプライドを固辞していく。ただ、いまはスティーブ・ブルース(現監督)をサポートしていきたい。新たな監督やビッグネームの獲得の話はしていない。まずは地に足をつけ、フットボールの観点と広告の観点からオペレーションのレビューを行なったうえで判断を下していく」
  あくまで現体制を支持はしている。だが、「フットボールの観点と広告の観点からオペレーションのレビューを行なったうえで判断する」という言葉からは、新たなチーム作りへの意欲も感じ取れる。無論、それはブルース監督本人も覚悟のうえだ。

 2019年の夏から指揮するイングランド人監督は、次のように本音を漏らした。

「私はもちろんここで仕事を続けたいと考えている。新オーナーたちに私の力を証明したいんだ。でも現実的に見れば、彼らは新監督を欲しがっているかもしれない。新たなオーナーが就任した時というのは、新たな監督が呼ばれるものだからね。

 私は長年、この仕事をやっているから分かる。だから、なにが起きても怒りはしない。もちろんクビになるのは悲しい。でも、就任してから苦難ばかりのなかで、人生で一番やりたかった仕事、つまりニューカッスルの監督を務められたことを誇りに思う」
  なんとも物悲しいコメントである。裏を返せば、23年間に及ぶ指導キャリアを持つ指揮官が自らの解雇を悟るほど、いまのニューカッスルは劇的に変化しようとしているのかもしれない。

 かつてマンチェスター・Cが一気に強豪への階段を駆け上がったように、3200億ポンド(約48兆6400億円)という巨額の投資によって、あらゆるクラブ強化がよどみなくなされれば、ニューカッスルも欧州屈指の名門へと飛躍する可能性は高い。少なくとも現時点では、そう予測するのが妥当だろう。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)