「日本が重圧を感じているのは知ってる」豪代表の大型CBが森保ジャパン撃破を誓う!「良い選手だ」と警戒するのは?

「日本が重圧を感じているのは知ってる」豪代表の大型CBが森保ジャパン撃破を誓う!「良い選手だ」と警戒するのは?

長身選手が揃うオーストラリアにあってひと際目立つソウター。彼の存在は危機的状況にある日本にとっても脅威だ。(C)Getty Images

破竹の勢いで勝ち進む“サッカルーズ”が日本の前に立ちふさがる。

 10月12日に横浜で開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)のアジア最終予選で、日本代表と対戦するオーストラリア代表。直近の公式戦11連勝のチームが、予選2敗と苦境にある森保ジャパンをも飲み込むのか注目が集まっている。

 この予選でオーストラリアは、中国、ベトナム、オマーンを破って無敗。得失点も6を計上して堂々のグループ首位に立つ。一方、7日のサウジアラビア戦で0-1と敗れて今予選2敗目を喫した日本は、6大会連続で勝ち進んできたW杯出場にも暗雲が立ち込めている状況である。

 そんな状況で迎える大一番だけに、オーストラリアの戦士たちは自信を漲らせる。身長198センチの大型CBハリー・ソウターは、地元紙『The Sydney Morning Herald』の取材で、「僕らは、彼らのスタイルをよく知っている。日本には独特のスタイルがあり、戦うたびに苦戦してきた。でも、今はチームに自信があり、勝利に向けて進んでいる」と論じる。

「ついに日本を倒す日が来たかと言われたら、そうだと思っている。連勝記録も『11』では物足りない。それに日本代表は、これまでの予選の結果から、重圧を感じていることも知っている。相手のことを考えつつ、僕らの戦い方を進めれば、きっと結果はついてくる。僕らの戦い方は一つひとつ確実に勝利すること。何も変わらない」
  森保ジャパン撃破に意欲を示すソウター。所属するストークでは、日夜激しい肉弾戦を繰り広げている22歳は、「とても良い選手だと聞いているよ」と、スコットランド1部の古豪ハーツに所属する兄ジョンから耳にしたというサムライの名前を口にした。

「フルハシは良いスタートを切っているし、実際にとても良い選手だというのは分かっている。できる限りリーグ戦の映像はチェックした。僕がイングランドの2部で対戦しているようなFWたちとは異なるタイプの選手だと思うね。けど、日本は彼だけじゃない。ほかの良い選手も揃っている。僕らはただ、同じように良い選手で団結し、立ち向かうだけだ」

 世界への扉を開かんと連勝を続け、自信を深めるサッカルーズ。ますます意気軒昂な彼らを叩けば、日本の状況も上向くはずだが、はたして――。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】セットプレーは要注意! 豪代表DFソウターが決めた豪快ヘッド弾をチェック

関連記事(外部サイト)