日本代表の「問題点」は得点力不足と豪メディアが指摘!「オオサコには疑問が残る」

日本代表の「問題点」は得点力不足と豪メディアが指摘!「オオサコには疑問が残る」

中国戦でゴールを決めた大迫。オーストラリア戦でも期待がかかる。(C)Getty Images

10月12日、日本代表にとっての極めて重要な一戦が行なわれる。

 カタール・ワールドカップアジア最終予選で、ここまで1勝2敗と苦戦が続く日本代表。その結果も去ることながら、初戦からの戦いぶりに厳しい意見が集まり、強豪国との対戦にも悲観的な見方が強まっている。

 対するオーストラリア代表は、ここまで予選全勝で、まさに絶好調と言える状態。意気揚々と日本に乗り込んでくるわけだが、オーストラリアのメディアもこの試合には大いに注目しているようだ。

 オーストラリアのスポーツサイト『ROAR』は、日本代表戦を展望するコラムを掲載。日本チームの現状やオーストラリア代表について分析している。

 冒頭では「火曜日の試合で日本が我々に敗れれば、サムライブルーの監督が変わる可能性が高い」と試合状況次第での日本の監督交代を予想。また、ここまでの総得点が僅かに1という得点力不足についても触れており「日本の問題点」として言及した。
  さらに「ユウヤ・オオサコは最も経験豊富なストライカー」としながらも「日本は雪崩のようにチャンスを作り続ける一方で、オオサコが得点を決めるのに適した選手であるかどうかは疑問が残る」と大迫のフォワードとしての印象をそう表現している。

 それでも「我々が気を付けなければならないのは、日本がふとした瞬間にチャンスを作ることができるという事実だ」と付け加え「サウジ戦でも出場したキョウゴ・フルハシやアド・オナイウらはゴール前での鋭さを生み出せる選手だ」と途中出場だった古橋享梧とオナイウ阿道を評した。

 また「マジョルカのタケフサ・クボが欠場しているとはいえ、タクマ・アサノ、タクミ・ミナミノ、ダイチ・カマタや、サウジ戦では出場停止だったジュンヤ・イトウなども得点能力は高く、ゴールを奪いに来るだろう」と日本の攻撃陣に対し警戒心を強めている。

 同サイトは自国の代表へもコメントしており、特にチームを率いるグラハム・アーノルド監督については「堅苦しいサッカーをすることで有名」「ハジメ・モリヤスとは元チームメイト」と紹介し、火曜日のゲームでは「アーノルドが全てのカードを握っている。サッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)は埼玉スタジアムでの戦いを恐れることはない」と強い自信を覗かせた。

 衝撃の敗戦からわずか4日後に行なわれるオーストラリア戦。日本を知る対戦国の指揮官は、どんな戦いを挑んでくるだろうか。ホームとはいえ、崖っぷちの日本代表にとってはあまりにも強大な敵が目の前に立ちはだかっている。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)