「泣いていた日本のボスを救った」セルティック地元紙が森保ジャパンの勝利に絡んだ古橋享梧を大絶賛!「英雄は決して諦めない魂で」

「泣いていた日本のボスを救った」セルティック地元紙が森保ジャパンの勝利に絡んだ古橋享梧を大絶賛!「英雄は決して諦めない魂で」

攻守で傑出したパフォーマンスを披露した古橋。その献身的な働きには、セルティック地元紙も賛辞を惜しまない。(C)Getty Images

サムライブルーの勝利を讃える声は、世界中から届いている。

 10月12日、日本代表は、カタール・ワールドカップのアジア最終予選のオーストラリア戦で2-1と勝利。劇的な内容での白星で、本大会への自力出場に望みを繋いだ。

 前回のサウジアラビア戦までの内容から得点力不足が懸念されていた森保ジャパンだったが、この試合では、目に見える結果を出した。田中碧が8分に先制点を決め、さらに1-1で迎えた86分には、途中出場の浅野拓磨のシュートがオウンゴールを誘発。積極的な姿勢を見せ続け、この最終予選では初の複数得点を記録したのである。

 また、試合前まで海外メディアでも「待望論」が囁かれ続けた古橋享梧の存在感が目立った試合でもあった。61分から大迫勇也に代わってピッチに立った26歳は、2点目に絡むなど、センターフォワードとして小さくない貢献したのだ。

 そんな古橋のパフォーマンスを大きく取り上げたのは、スコットランド紙『The Daily Record』だ。日本の勝利に貢献したストライカーについて、「セルティックの英雄と化しているキョウゴが決して諦めない魂で、試合前に涙を流して泣いていた日本のボス(森保一監督)を救った」と賛辞を贈った。
  同紙は86分の決勝点について、「タクマ・アサノのシュートにキョウゴが反応し、相手ディフェンスにプレッシャーをかけオウンゴールを誘発した」と振り返りつつ、「キョウゴはその粘り強さで、日本のカタール・ワールドカップへの自力出場の希望を再燃させる決勝点にしっかりと絡んだ」と絶賛した。

 古橋のポテンシャルが光った試合だった。攻撃時には相手ゴール前で果敢にプレーして好機を演出。さらに前線からのチェックで、ファーストディフェンダーとしての役割も忠実にこなした。そんな26歳のサムライの攻守における貢献は、同紙の指摘する通り、解任も囁かれていた森保一監督を「救う」ものだった。

 とにもかくにも、この白星で息を吹き返した感のある日本。そんなチームのなかで自身のストロングポイントを発揮しはじめた「セルティックの英雄」が、どれだけの活躍をみせてくれるか、非常に興味深い。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】田中が決めた見事な代表初得点&浅野が呼び込んだ劇的なオウンゴール

関連記事(外部サイト)