「立場や権力を乱用」影響力を増すストイコビッチを古巣レッドスターが激しく糾弾!宿敵擁護の“黒幕“と主張

「立場や権力を乱用」影響力を増すストイコビッチを古巣レッドスターが激しく糾弾!宿敵擁護の“黒幕“と主張

ストイコビッチとレッドスターの関係は良好ではないようだ。(C)Getty Images

現地時間3月6日に行なわれたセルビア・スーペルリーガの第26節で、パルチザンはスパルタク・スボティカと対戦。両者スコアレスで迎えた試合終盤に84分になってようやくゴールを奪い、これを守り切って同リーグの首位を維持した。

【関連記事】ブラジル人MFがウクライナの所属クラブを非難!「死ぬかも」と訴えるも助けを得られず「戻れば平穏になると言われた」

 この試合の決勝点は、パルチザンのネマニャ・ヨビッチとスボティカのアレクサ・ジュラソビッチがペナルティーエリア内で接触し、ラザール・ルキッチ主審は試合を続行させたが、VARルームの指摘を受けてモニターチェックを行なった結果、アウェーのパルチザンにPKを与え、これをビスラス・ナトホが決めたというものだった。

 しかし、これが微妙な判定だということで物議を醸すこととなった。また、もしスコアレスドローに終わっていたら、2位の宿敵レッドスターとは勝点69で並ばれるところだったということもあり、疑惑の目も向けられることに……。そして、レッドスターは怒りを露にし、「タイトルの強盗」と表現して、この宿敵の勝利が極めて不当なものだと主張した。
  そしてそれだけに収まらず、当クラブは「レッドスターを勝たせないよう(パルチザンを優勝させよう)という力が働いている」と、セルビア・サッカー協会(FSS)などの統括機関を猛批判。その背後にいる存在として、現在セルビア代表監督で、現役時代はレッドスターでプレーした「ピクシー」ことドラガン・ストイコビッチを挙げ、激しく糾弾している(スポーツサイト『MOZZART SPORT』等セルビアの各メディアより)。

「ストイコビッチが代表チームでの成功(カタール・ワールドカップ予選突破)を利用し、FSS全体に大きな力を得たのは公然の秘密である。彼は今、文字通り全てを支配している。協会の政治面はもちろん、審判組織にもその力が及んでいる。彼が虚栄心と自身のエゴのために、その立場や権力を乱用し、レッドスターの利益に反する行為に突き進むことを許すことはできない」

 同クラブは以前から、彼らの永遠のライバルがピクシーから大きな助けを受けていると主張しており、「今季の初めより、我々はそのことについて警告してきた。我々がより心配しているのは、彼が協会内に『レッドスターがチャンピオンであってはならない』という雰囲気を作ったことだ。それが、各審判に個別に伝えられたことにより、審判は恐れを抱き、その判定に大きな影響が及ぼされることになった」と続けた。
  前述の通り、ピクシーはレッドスターの元選手であり、クラブの「五星人」にも選出された絶対的なレジェンドである。また、引退後には会長も務めるなど、ともに切っても切れない関係かと思われるが、レッドスター側は「ストイコビッチは15年間も、マラカナ(レッドスターのホームスタジアム)に足を運んでいないことも公然の秘密だ」と、良い関係にはないことを窺わせている。ちなみに今月3日はピクシーの57歳の誕生日で、マルセイユ、ヴェローナ、JリーグなどがSNSでこれを祝福したが、レッドスターは無反応だった。
  レッドスターといえば先日、ロシアのウクライナ侵攻でサッカー界がロシアとの関係を切る傾向にある中で、メインスポンサーであるロシアのエネルギー会社「ガスプロム」との関係を今後も継続すると宣言したことで話題になったが、今回の告発はどのような反響をサッカー界に生むことになるのだろうか。

 レッドスターから「2017年の優勝も疑わしい」と指摘されたパルチザン側は、ゼネラルマネジャーのミロシュ・ヴァズラが「(スボティカ戦での)審判は善良で公正であり、VARによる判定も正当なものだった。レッドスターは自分たちの利益にならないものは好きではなく、今回の件も作り話だと信じている」と反論(『NOVOSTI』より)。一方、ピクシーを含めた協会側からは現時点で声明は出されていない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】中田英寿が演出した“伝説のスクデット”に伊メディアが再脚光!「トッティを外した瞬間から魔法を描いた」と絶賛

【関連記事】「オノはマドリーに行けた!」元フェイエノールト幹部が小野伸二の“黄金期”を回想「常に日本代表に招集されて…」

【関連記事】智将ペケルマンの教え子たちは貧困層を救う模範に?サビオラらアルゼンチンの“黄金世代”の今に迫る

関連記事(外部サイト)