「信じられないが事実だ」ロシアの2028、32年のEURO立候補に欧米メディアも衝撃!露サッカー界からは「冗談ではない」との声明も

「信じられないが事実だ」ロシアの2028、32年のEURO立候補に欧米メディアも衝撃!露サッカー界からは「冗談ではない」との声明も

昨年は欧州全域を舞台に行なわれたEURO。サンクトペテルブルクでは、準々決勝のスペイン対スイスなどが行なわれた。(C) Getty Images

ウクライナ侵攻によって、現在、あらゆる分野で締め出しを受けているロシア。サッカー界も同様で、欧州ではクラブ、代表の両レベルで国際コンペティションへの出場を禁止されているが、そんな中で同国のサッカー連合(RFU)が3月23日、2028年、32年に開催されるEURO(欧州選手権)の開催国に立候補する意思を表明した。
 
 この驚きの招致については、以前にRFUの実行委員であるセルゲイ・アノーキン氏もその可能性を示していたが、ルビン・カザンのゼネラルディレクターでもあるルステム・サイマノフ氏は「我々はEURO開催国に立候補する。これは冗談ではない」と断言し、以下のように声明を続けている。

「我々の人生は続いている。これは我々にとって、オープンになっている議題のひとつだ。状況が変わるのに、多くの時間がかかるのは分かっている。我々は、様々なことを探っている。2032年の開催について議論をしたが、2028年になるかもしれない。我々は、UEFA(欧州サッカー連盟)に対し、開催の書類を求めている。彼らは受け入れないかもしれないが、我々は実現するものと確信している」(ロシアの通信社『Itar-Tass』より)

 一方、RFUのアレクサンダー・デュコフ会長は「ロシアには、この種のトーナメントを主催する準備がすでに整っており、また過去に様々なメジャーイベントを最高レベルで開催してきた経験がある」と立候補の理由を挙げ、「何もしなければ、何も起こらない。あらゆるチャンスを利用しなければならない。そのチャンスはわずかなものだということは理解しているが、少しでも可能性があるなら、それを利用するべきだ」と語った。

 デュコフ会長は開催都市については、決めるのは時期尚早であるとして、「まずUEFAから、開催する上での必要条件の提示を受ける必要がある。それを受けて、我々は準備することになる。もちろん、スタジアムは2018年にワールドカップを開催した際に建設したものを使用する予定だ」と明かした。

 最終の申請書類の提出期限は2023年4月12日までとのことだが、UEFAもロシアの立候補を受け入れ、これを発表している。ちなみに2028年大会には英国4協会とアイルランドが共同開催で、2032年大会にはイタリアが名乗りを上げ、トルコがいずれかの大会の開催に関心を示しているという。

【関連記事】チェルシーの厳しい状況に「ファンまでが罰せられるべきではない」との不満も。新オーナー候補は「政府の経営参画は阻止すべき」

【PHOTO】アイドル級の可愛さ! 韓国チアリーダー界が誇る美女、アン・ジヒョンの“悩殺ショット集”を一挙チェック! このロシアの動きに対し、世界のメディアも反応した。アメリカの『AP通信』は「衝撃的な入札」と報じた他、同国最大の球技専用スタジアムであるルジニキについて「先週、ウラジーミル・プーチン大統領を支援する集会に使用された」と紹介している。
  また、イタリアのスポーツ紙『Gazzetta dello Sport』は「信じられないことだが、本当の話だ。歴史的な悲劇の時期でなければ、それは冗談の始まりのようなものと捉えられただろう」と綴っている。

 サッカー界からの締め出しに反発して、独自の大会の設立も画策しているというロシアだが、一方で今回のEURO、さらには今後のチャンピオンズ・リーグ決勝の開催地にも立候補する意思を示しており、今後の動きにも注目が集まりそうだ。なお、EUROの2大会の開催国は来年9月に決定する予定である。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】ウクライナの英雄シェフチェンコが「身勝手だ」とロシアに怒り!「いま、プーチンを止めなければヨーロッパが侵略される」

関連記事(外部サイト)