なんと米メディアが早くもカタールW杯全試合の結果を徹底予想! 日本の結果、そして優勝国は!?

なんと米メディアが早くもカタールW杯全試合の結果を徹底予想! 日本の結果、そして優勝国は!?

ワールドカップ予選を突破し、11月開幕の本大会に駒を進めた日本代表。果たして、“番狂わせ”で日本を沸かせることができるか。(C) Getty Images

カタール・ワールドカップのグループリーグ組み合わせが決定して以降、世界各国で様々な展望が行なわれている。
  特にグループEは、スペインとドイツが同組となったことで話題を集めているが、予想としては、この優勝経験のある欧州の強国が揃って決勝トーナメントに駒を進めるということで意見がほぼ一致しているようであり、同グループに組み込まれた日本については多くのメディアが厳しい見立てをつけ、大番狂わせの可能性についても多くが否定的だ。

 実績や実力からすれば当然の見方と言えるが、勝負はやってみなければ分からないのも事実である。まして、もうひとつの対戦国(6月の大陸間プレーオフでコスタリカかニュージーランドに決定)も決まっていない状況。この時点で勝利を確信したり、失望して諦めたりすることは無意味な行為だろう。

 ところが、まだ全チームが出揃っていない状況で、グループリーグから決勝戦までの全64試合の結果を予想するという、あまりにも大胆なことをやってのけたのが、アメリカのスポーツ専門チャンネル『ESPN』だ。

 同メディアは、「ニュージーランド、ウクライナ、スコットランド、オーストラリア、UAEには申し訳ないが……」と断りを入れて、FIFAランキングを参考にしてプレーオフの勝者にペルー、ウェールズ、コスタリカを選定。晴れて32チームが揃った(!)ところで、サッカーのデータ分析企業「Twenty First Group」の助けを借りながら、各試合の予想を行なっている。

 気になる日本の試合を見ていくと、注目の初戦の相手であるドイツについて「2018年大会ではグループ敗退を喫するなど、綱渡り的なところがある」としながらも、結果は2-3で日本の敗北。続く“コスタリカ戦”は「スコアレスドローが有力のようにも見えるが、『Twenty First Group』によれば日本は米国と同等であり、米国はコスタリカより明らかに優れている」ということで、日本が1-0で初勝利を挙げる。

 そして、ノックアウトラウンド進出を懸けた最終のスペイン戦、勝利が必要な日本がなすべきは「自陣でスペースを与えず、ボールを左右に動かして相手を苛立たせる」ことだと指摘するが、引き分けでなく、勝たなければならないことが、日本を苦しめることになり、結果0-2の敗北。残念ながら、日本は1勝2敗でグループリーグ敗退を喫するという予想となっている。
  ちなみにグループリーグを勝ち抜くのは、Aがオランダとセネガル、Bがイングランドと米国、Cがアルゼンチンとポーランド、Dがフランスとデンマーク、Eがスペインとドイツ、Fがモロッコとカナダ(クロアチアとベルギーが敗退!)、Gがブラジルとスイス、Hがポルトガルと韓国で、準々決勝にはスペイン、ブラジル、米国、フランス、ドイツ、ポルトガル、イングランド、デンマーク、準決勝にはフランス、ブラジル、イングランド、ドイツが、それぞれ進出する。
  そして決勝戦では、ブラジルがイングランドを1-0で下して最多6度目の優勝を飾るという。なお、フランスとドイツによる3位決定戦の予想はされず、「そもそも存在してはならないラウンドであり、分析するつもりはない。我々はこの戦いを必要としていない」との同メディアのスタンスが示されているのは興味深い。

 非常に興味深い予想ではあるが、願わくば日本の予想については外れることを期待したいところだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】日本代表を“死のグループ”の対戦国はどう評価したか!? スペイン紙「最も価値が高い選手」と分析したのは――

【関連記事】「日本を過小評価してはいけない!」ドイツ代表OBが森保ジャパンへの“楽観視”を危惧!

【関連記事】「カタールW杯に出場できないベスト11」を各国メディアが選定! サラー、ハーランドにイタリア勢ら世界的スターがズラリ

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?