欧州サッカー調査機関が“5大リーグ”のベストイレブンを発表! メッシ、C・ロナウドの二大巨星は選ばれず、最年少は18歳

欧州サッカー調査機関が“5大リーグ”のベストイレブンを発表! メッシ、C・ロナウドの二大巨星は選ばれず、最年少は18歳

欧州のサッカー調査機関が5大リーグのベスト11を発表。写真は左上から時計回りにデ・ブルイネ、レバンドフスキ、エムバペ、ベンゼマ。(C) Getty Images

欧州主要国は先週末に国内リーグの全日程を終了。各国で熾烈かつスリリングな戦いが展開される中で、選手たちは最後まで懸命のプレーを披露し、世界中の人々を大いに魅了した。

 これを受け、スイスのサッカー専門調査機関「CIES Football Observatory」は、UEFA(欧州サッカー連盟)に加盟する32か国(地域を含む)の計6111人の選手のパフォーマンスを分析、彼らが所属するチームの結果も加味した上で、各リーグの最も優れた選手による「ベストイレブン」を発表している。

【ベスト11画像】欧州サッカー機関が発表した「プレミアリーグ」ベストイレブンの顔ぶれ その中で、最も注目の高い「欧州5大リーグ」(プレミアリーグ、ラ・リーガ、ブンデスリーガ、セリエA、リーグアン)のチームを見てみると、当然ながら優勝チームの選手が多くを占めているが、特に多いのがバイエルンの9人(!)。今季も盤石の強さで10連覇を飾ったのだから、これも当然と言えるかもしれない。移籍市場で最も注目を浴びたドルトムントのアーリング・ハーランドも、5年連続得点王のロベルト・レバンドフスキがいては、このベストイレブンに割って入ることは難しかったようだ。

 バイエルンに続くのが、リバプール(プレミアリーグ)とレアル・マドリー(ラ・リーガ)の6人、次がパリ・サンジェルマン(リーグアン)の5人となっている。最も分散したのはリーグアンで、パリSGの他、マルセイユ、ニース、レンヌ、モナコ、マルセイユ、ストラスブールからも選出された。

 個人では、リーグアンで4年連続の得点王に輝き、先日はその去就が大きな話題となったキリアン・エムバペが当然のようにベストイレブンの一角を占めたのに対し、長くサッカー界を牽引し、今回も両選手とも新天地でのプレーとなったリオネル・メッシ(パリSG)とクリスチアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)がいずれも外れたのは、時代の流れというものだろうか……。

 なお、この中で最年少はドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムで18歳。32リーグ全ての中での「最年少10人」にも、パリSGのポルトガル代表SBヌーノ・メンデス(19歳)とともにその名を連ねており、その早熟ぶりが際立っている。

 5大リーグのベストイレブンは以下の通り。ここからも、各リーグの戦いぶりがいかなるものだったかが見えてくるなど、非常に興味深い顔ぶれと言えよう。

【ベスト11画像】欧州サッカー機関が発表した「スペインリーグ」のベストイレブン◇プレミアリーグ(4-3-3)
GK:エデルソン(マンチェスター・シティ)
右SB:トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)
右CB:ジョエル・マティプ(リバプール)
左CB:フィルジル・ファン・ダイク(リバプール)
左SB:ジョアン・カンセロ(マンC)
アンカー:ファビーニョ(リバプール)
右インサイドハーフ:ベルナルド・シウバ(マンC)
左IH:ケビン・デ・ブルイネ(マンC)
右ウイング:モハメド・サラー(リバプール)
CF:ハリー・ケイン(トッテナム)
左W:サディオ・マネ(リバプール)

◇ラ・リーガ(4-2-1-3)
GK:ボノ(セビージャ)
右SB:ルーカス・バスケス(レアル・マドリー)
右CB:エデル・ミリトン(R・マドリー)
左CB:ダビド・アラバ(R・マドリー)
左SB:ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
守備的MF:カゼミーロ(R・マドリー)
守備的MF:セルヒオ・ブスケッツ(バルサ)
攻撃的MF:ナビル・フェキル(ベティス)
右W:ルーカス・オカンポス(セビージャ)
CF:カリム・ベンゼマ(R・マドリー)
左W:ヴィニシウス・ジュニオール(マドリー)
 ◇ブンデスリーガ(4-2-3-1)
GK:マヌエル・リーマン(ボーフム)
右SB:バンジャマン・パバール(バイエルン)
右CB:ダヨ・ウパメカノ(バイエルン)
左CB:リュカ・エルナンデス(バイエルン)
左SB:アルフォンソ・デイビス(バイエルン)
守備的MF:ジュード・ベリンガム(ドルトムント)
守備的MF:ジョシュア・キミッヒ(バイエルン)
右サイドハーフ:セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
センターハーフ:トーマス・ミュラー(バイエルン)
左SH:レロイ・ザネ(バイエルン)
CF:ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)

◇セリエA(4-3-3)
GK:マイク・メニャン(ミラン)
右SB:ファン・クアドラード(ユベントス)
右CB:アミル・ラフマニ(ナポリ)
左CB:フィカヨ・トモリ(ミラン)
左SB:テオ・エルナンデス(ミラン)
アンカー:マルセロ・ブロゾビッチ(インテル)
右IH:ニコロ・バレッラ(インテル)
左IH:イバン・ペリシッチ(インテル)
右W:ニコラス・ゴンザレス(フィオレンティーナ)
CF:ドゥシャン・ヴラホビッチ(ユベントス)
左W:ラファエル・レオン(ミラン)

◇リーグアン(4-4-2)
GK:ワルテル・ベニテス(ニース)
右SB:アシュラフ・ハキミ(パリ・サンジェルマン)
右CB:ウィリアム・サリバ(マルセイユ)
左CB:マルキーニョス(パリSG)
左SB:ヌーノ・メンデス(パリSG)
アンカー:オーレリアン・チュアメニ(モナコ)
右MF:バンジャマン・ブリジョ(レンヌ)
左MF:マルコ・ヴェッラッティ(パリSG)
トップ下:ディミトリ・パイエ(マルセイユ)
右FW:リュドビク・アジョルケ(ストラスブール)
左FW:キリアン・エムバペ(パリSG)

構成●THE DIGEST編集部
【動画】プレミアリーグ、最終節の大逆転劇でマンチェスター・シティが8度目のリーグ優勝!

関連記事(外部サイト)