ネイマールか、ヴィニシウスか――セレソンエースをめぐる論争に母国メディアは「選択する必要はない」と新旧スターの“共闘”を提言!

ネイマールか、ヴィニシウスか――セレソンエースをめぐる論争に母国メディアは「選択する必要はない」と新旧スターの“共闘”を提言!

ネイマール(左)よりヴィニシウス(右)の方が上という声が多いなか、母国メディアは“共闘”を望んでいる。(C)Getty Images

6月6日に国立競技場で日本代表と対戦するブラジル代表。4日前には韓国代表に5-1の大勝を飾り、改めてサッカー王国の強さを知らしめた。

 抜群の攻撃力を誇る「セレソン」の中心は背番号10ネイマールだが、今季はパリ・サンジェルマンで多くの時間を怪我の治療とリハビリに充てることを余儀なくされた。一方、レアル・マドリーでラ・リーガ(得点ランキング3位)やチャンピオンズ・リーグ(決勝戦で決勝ゴール)の優勝に大貢献した21歳のヴィニシウス・ジュニオールが存在感を高めており、ブラジル国内でもこの2人の比較論争が活発になっているという。

 彼らのベストポジションが左ウイングということもあり、今冬のカタール・ワールドカップに向けて、30歳のネイマールも安泰ではなく、むしろコンディションなどの要素も含めればヴィニシウスの方が上という声も少なくない。だが、ブラジル総合メディア『globo』は、どちらかに絞るのではなく、2選手の“共闘”の時間を大事にする必要があると主張する。
  同メディアが良い例として挙げたのは、1990年代のロマーリオと“怪物”ロナウドだ。94年アメリカW杯で4度目の世界制覇の原動力となった前者は、同大会に17歳で出場した(出番なし)後者と、98年フランス大会の直前まで「RO-ROコンビ」としてセレソンの前線に君臨した。

 素晴らしいコンビネーションによる得点力を誇ったユニットは、ロマーリオの怪我による選外によって本大会では見られず、若きロナウドの双肩に全ての責任がかかった結果、決勝戦前には痙攣を起こし、開催国相手の完敗劇の原因ともなった。しかし、偉大な先輩とのプレー経験により、「王位継承」がなされたことで、2度の膝の重傷を乗り越えたロナウドは2002年日韓大会で大会得点王に輝く活躍で、母国に5度目の栄冠をもたらしたのだという。

 同メディアによれば、偉大なスターから、若い未来のスターへバトンを受け渡す“儀式”が必要であるということであり、セレソンが初めて戴冠した1958年スウェーデン大会でも、17歳のペレ、24歳のガリンシャの見本となったのは29歳のジジであり、そこからブラジルは1970年メキシコ大会でのジュール・リメ・カップ永久保持まで、4大会で3回優勝という黄金時代を謳歌した。 逆に、失敗の歴史を振り返ると、2次リーグ止まりだったものの、ジーコ、ソクラテス、ファルカン、トニーニョ・セレーゾによる「黄金の中盤」で大会を席巻した1982年スペイン大会の後、多くの主力が欧州のクラブに移籍したことで代表招集が難しくなり、またカルロス・アルベルト・パレイラ、エドゥ(ジーコの兄)、エバリスト・マセドら監督が短期間で入れ替わったこともあり、次世代となるべきベベット、カーサグランジ、ミューレルといった選手たちへの“引き継ぎ”は行なわれなかった。

 結果、1986年大会でジーコら黄金世代が去った後、セレソンは1987年にコパ・アメリカでチリに0-4というこれまでには考えられなかった大敗を喫し、1989年にも欧州遠征でデンマークに同じく0-4で屈辱を味わうこととなり、長くて「厳しい移行期間」を過ごすことになったのだという。

 優勝を期待されながら、準決勝でドイツに1-7の惨敗を喫するなど、失意の大会に終わった2014年ブラジル大会では、22歳のネイマールとオスカールが攻撃の中心を担ったが、彼らはその前の大会までセレソンの中核を担った主力選手との共闘の時間に恵まれなかった。カカは怪我に苦しみ、ロビーニョは不調、そしてアドリアーノやロナウジーニョはすでに代表チームからは遠ざかっていた。
  同メディアは、これらの教訓を活かし、今、ネイマールは、ヴィニシウス、ロドリゴ(マドリー)、さらにはアントニー(アヤックス)、ガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル)、マテウス・クーニャ(アトレティコ・マドリー)、ブルーノ・ギマランイス(ニューカッスル)、ダニーロ(パルメイラス)、アンドレ(フルミネンセ)といった選手と、可能な限り同じ時間を過ごす必要があると主張する。

 カタールW杯で優勝するには、これらの選手が全て集い、またネイマールがアドリアーノやロナウジーニョから得られなかったものを、若いチームに引き継ぐことが必要だという。「セレソンは、ネイマールか、ヴィニシウスか、を選択する必要はない」と断言した同メディアは、「先日の5月31日で、(最後にセレソンが優勝した)2002年日韓W杯から20年が経つ」との文章で記事を締めている。

 70年大会から次の優勝までに、ブラジル国民は24年間も待たされることになったが、果たして今回はどうなるだろうか。チッチ監督のチーム作り、そして新旧スター選手たちのパフォーマンスへの注目度は高まる一方だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】“日本キラー”ネイマールに高まる期待! ブラジル・メディアは森保ジャパンに余裕綽々!?「我々は彼らにとって悪夢だ」

【関連記事】“アジアの虎”を打ちのめしたブラジル。61歳の智将は森保ジャパンに本番モード!「日本も分析し、戦略を練る」

【関連記事】途中出場で決定機演出の前田大然、古橋亨梧をセルティック専門メディアも高評価!「ブラジル戦先発の可能性もある」
 

関連記事(外部サイト)