ボルシアMGで早くも大活躍の板倉滉、現地メディアが特集記事で絶賛!「契約は本当の幸運だった」

ボルシアMGで早くも大活躍の板倉滉、現地メディアが特集記事で絶賛!「契約は本当の幸運だった」

開幕2試合で好パフォーマンスを見せた板倉に、称賛の声が集まっている。(C) Getty Images

ブンデスリーガは今週末で3節を消化したが、その中で上位を立っているのがボルシアMGだ。ここまでホッフェンハイム(3-1)、シャルケ(2-2)、ヘルタ(1-0)と対戦し、2勝1分けの好成績を残している。

 昨季は10位に沈んだ古豪は攻守でバランスの良さを見せているが、その中で存在感を示しているのが、日本代表DFの板倉滉だ。昨季はシャルケで素晴らしいプレーを見せ、今夏に所有元マンチェスター・シティへのレンタルバックを経てボルシアMGに完全移籍を果たした。

【動画】板倉滉が執念のディフェンス! ビュルターとの白熱のマッチアップ 加入してすぐにチームの最終ラインに君臨し、テストマッチで好パフォーマンスを発揮すると、シーズン開幕後も効果的かつ安定したプレーを披露。守備だけでなく、攻撃面でも高い貢献度を誇る25歳は、現地メディアによるベストイレブンや、ファンやメディアの投票によるマン・オブ・ザ・マッチにも選定されるなど、ここまで秀逸な働きを見せている。

 試合ごとに周囲からの信頼を高めている背番号3について、スポーツ専門チャンネル『Sky Sports』のドイツ版も注目し、「グラッドバッハにインスピレーションを与える板倉:ファンのお気に入りとなりかけの日本人選手」と題して、大々的に特集記事を組んでいる。

 同メディアは、「500万ユーロ(約7億円)の移籍金で板倉と契約したことは、ボルシアMGにとって本当の幸運であることが判明した」と記述。ダニエル・ファルケ監督が「コウは素晴らしい選手であり、最高の個性を備えた選手であり、年齢的にも本当に申し分ない。人間的にも非常にオープンで、知的な若者だ」と称賛した日本人選手の、これまでの試合でのスタッツを紹介し、いかに優れた仕事を果たしているかを説明した。

 いずれの試合でも93%以上のパス成功率を誇り、攻撃面でも重要な役割を担っている板倉は、「日本で重視されるのはテクニックですが、ドイツではフィジカルとスピードです」と語っているが、同メディアは「彼は、自ら言及した全ての資質を兼ね備えている」と賛辞を贈る。

「彼はボルシアMGのプレーメイクにとって非常に重要な役割を担っており、(同じCBの)ニコ・エルベディとともに、最終ラインから攻撃を開始する。一方、守備におけるデュエルでは、板倉はタックルも悪くない。特にシャルケ戦では、日本人は1対1での強さでしばしば注目を集め、全てのデュエルに情熱を注いだ。指揮官も『コウは並外れた“対決”を展開した』と称賛したものである」
  ゲーム理解力に加えてデュエルでのタフネスさの他、オーガナイザーとしても、コミュニケーターとしても機能していると指摘する『Sky Sports』ドイツ版は、「3年半前に欧州にやって来た時は、ほとんど英語は片言でしたが、今はピッチ上でも多く喋ることができるようになり、よりコミュニケーションをとりたいと思っています」とのコメントを紹介し、その成長ぶりを評価した。
  さらに同メディアは、ファルケ監督が板倉加入時に称賛したポジションやプレーの多様性(「それが契約した理由のひとつだ」とも)にも改めて言及。ボルシアMGではここまで、CBとして活躍しているが、彼は「CBとしても、守備的MFとしてもプレーできる。CBとしてのプレーは長いが、MFとして、よりチームにとって重要な役割を果たせる」と語っており、同メディアは昨季終盤に彼がシャルケで発揮したパフォーマンスを振り返り、今後の多様な貢献に期待を寄せている。

 シャルケ時代から評価がうなぎ昇りの彼が、その価値をどこまで上げていけるかが非常に興味深く、また楽しみである。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】エ軍が下した大谷翔平のWBC出場容認に米メディアも熱視線! 「あとは日本代表がオファーするだけ」と期待膨らむ

【関連記事】「日本の野球は凄い!」“大谷贔屓”のMLBアナリストがNPBに大興奮! 伝説の天井直撃弾には「信じられない」と驚愕も

【関連記事】「地球上最高の選手はデグロムだ!」“球界最強”の称号に元MLB投手が意見! 大谷翔平との比較論に「かなりの大差」と持論

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?