南野拓実のW杯最終メンバー入りを伯メディアやモナコ専門サイトが“皮肉”を込めて予想…「その地位が脅かされることはない」

南野拓実のW杯最終メンバー入りを伯メディアやモナコ専門サイトが“皮肉”を込めて予想…「その地位が脅かされることはない」

エクアドエル戦で先発した南野。ゴールに絡む働きができず各国の評価も今ひとつだ。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

ドイツ・デュッセルドルフで行なわれた、日本代表のカタール・ワールドカップ最終メンバー決定前の最後となる国際親善試合で、南野拓実はアメリカ代表選手は出番なし、エクアドル戦ではスタメンとして67分間プレーした。

 スコアレスドローに終わった南米の難敵との一戦、彼は4-2-3-1の2列目中央に位置取り、チャンスメイクやフィニッシュに絡む仕事を期待されたが、効果的なプレーは少なく、ワントップの古橋享梧に良いボールを通すこともできなかった。

【動画】上田綺世のポストプレーから三笘薫がチャンスメイク! 南野拓実のフィニッシュは…
 日本代表の試合では毎回、詳しくレポートしているブラジルの総合メディア『globo』は、このサムライブルーの背番号10に対して、「米国戦では久保建英と鎌田大地によって中盤左サイドと中央のポジションを奪われ、今日(エクアドル戦)でも再び失望を味わった。そのプレーは効果がなく、ほとんどのバトルにも負けて、古橋を活かすこともできず。また、三笘薫のクロスからのチャンスも決め損なった」と厳しく評し、10点満点の採点では古橋とともに、最低の「5」を与えられている。

 また、「日本の問題は攻撃で、三笘だけが相手チームに危険をもたらしており、南野はプレーが単発で、古橋は“幽霊”と化し……」とも綴られた南野。彼については、所属するモナコの専門サイト『LA DIAGONALE』も「ピッチ上の南野は、幾つかチャンスメイクは果たしたものの、決定的な場面で枠を捉える方法は知らなかった」と、こちらも辛口の評価となった。

 連係の不備については、チームとして初の顔ぶれだったというエクスキューズはあるだろうが、個のプレーという点でも明らかに物足りなさが否めなかった南野については、W杯本大会の最終メンバー入りを危ぶむ声も上がっているが、『globo』は皮肉を込めながら、南野のカタール行きを予想する。

「攻撃的MFでは、伊東純也と堂安律が右サイド、三笘が左サイド、そして『切り札』として久保建英と南野拓実も、最終メンバー入りが保証されるだろう(森保一監督に、南野を切り捨てる勇気があるだろうか? ありそうもない……)。米国戦、エクアドル戦の両方で良かった鎌田も、このグループに入る。原口元気は居場所を失い、負傷者が出た場合にのみ相馬勇紀が入るだろう」
  一方の『LA DIAGONALE』も、モナコに所属する各国代表選手の最終メンバー入りの可能性を検証する記事の中で、南野についてはクレピン・ディアッタ(セネガル)、ブレール・エンボロ(スイス)とともに「怪我さえなければ、確実に11月にカタールに飛ぶことになる」と予想するが、こちらもやや皮肉が込められている。
 「日本代表で43試合に出場して17得点を記録している27歳は、たとえモナコでのパフォーマンスのレベルが素晴らしくなかったとしても、サムライブルーでは最も経験豊富な選手のひとりということで、その地位が脅かされることはない」

 今夏にリバプールから移籍したモナコで、なかなか適応できずに力を発揮できなかったことで、より厳しい目を向けられている南野。リーグアン第8節のスタッド・ランス戦で1ゴール1アシストを記録し、ようやく結果を出したところであり、再開後のクラブシーンで上昇曲線を描き、文句なしの状態で最終メンバーの一員となることができるか、期待を持って見守りたい。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】なんと米メディアが早くもカタールW杯全試合の結果を徹底予想! 日本の結果、そして優勝国は!?

【関連記事】「本当の芸術作品」「絶対的な天才」 久保建英の“アシスト未遂”にスペイン各地で賛辞の嵐! お洒落すぎる絶品スルーパスに大反響
 
【関連記事】「ドイツ代表より遥か先を行っている」米国に快勝した森保Jを独紙警戒! 一方エクアドル紙は市場価値で日本優位を認める

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?