「非常に規律ある部隊」日本代表をドイツ&スペイン・メディアが徹底分析! 「決して弱いとは言えない」

「非常に規律ある部隊」日本代表をドイツ&スペイン・メディアが徹底分析! 「決して弱いとは言えない」

アメリカ戦でドリブル突破から圧巻のゴールを決めた三笘。プレミアリーグでも快進撃が続く。(C) Getty Images

カタール・ワールドカップを目前に控え、代表チーム間の力関係が大きな関心を集めている中で、各国メディアがそれぞれ独自の出場32か国によるランキングを発表している。

【動画】切れ味鋭いカットインから三笘薫が右足一閃! アメリカ戦の圧巻弾をチェック
 英国の日刊紙『The Guardian』もそのひとつであり、9月のインターナショナルマッチウィーク明けの最新パワーランキングでは、ブラジルがアルゼンチンを逆転して1位となり、3位以降はスペイン、オランダ、ドイツ(ともに前回から順位変動なし)、デンマーク(+1)、フランス(-1)、クロアチア(+5)、イングランド(+1)……と続く。

 アメリカに2-0で勝利し、エクアドルと引き分けた(0-0)日本代表は5つランクアップしての20位。グループEでのもうひとつの対戦国であるコスタリカは31位で、こちらは2つ順位を落とした。

 一方、米国の大手放送局のスポーツサイト『CBS SPORTS』によるランキングでは、こちらも1位ブラジル、2位アルゼンチンは変わらず(いずれも変動なし)、上位勢は3位がスペイン(+3)、4位オランダ(+4)、5位オランダ(-2)の順。ドイツは8位(-4)、日本は15位(+10)、コスタリカ30位(変動なし)で、日本の10ランクアップは32か国中で最大の伸び幅であり、逆に最大のランクダウンは24位の米国(-10)となっている。

 このように、ランキングによって各国の順位は異なるが、グループEで見れば、スペイン、ドイツと日本の間には大きな開きがあり、ここからも本大会でこの2か国を抑えて決勝トーナメントに駒を進めることが困難であることが改めて窺えるところだが、逆にこれら強豪国から日本はどのように映っているのだろうか?

 ドイツでは、デュッセルドルフに本社を置く日刊紙『Rheinische Post』が、グループリーグ初戦で対戦する日本を特集。「敵の過ちの中に潜む日本の“青い侍”」と題した記事では、FIFAランキング24位の「サムライブルー」の過去のW杯での成績などを紹介し、これまでに16強入りが最高であり、「8強への“壁”を越えたことがない」と綴っている。

 森保一監督については「これまでアジア(日本)のチームしか指導しておらず、欧州ではあまり知られていない」。そしてチームに対しては、「欧州でトップクラブの一員としての座を確立した選手がたくさんいるが、絶対的なトップスターはいない。森保監督のチームは、集団としてより輝いている」との印象を示した。
  さらに独紙『Rheinische Post』は、日本代表の選手について、攻撃では南野拓実(モナコ)、久保建英(レアル・ソシエダ)を「攻撃で最も興味深い選手」に挙げ、守備では「膝の靭帯断裂に見舞われたボルシアMGの板倉滉に大きな期待がかけられており、ドイツ戦に間に合うようにピッチに戻ってくるはずだ」と、やはり自国でプレーする選手にスポットライトを当てている。
  続いて、「日本の戦術は、素早い攻守の切り替えとアウトサイドからの攻撃に基づいている。彼らは非常に規律ある“部隊”として機能し、相手がビルドアップにおいて集中力に欠けた場合、すぐにこれを察して広く動き出す。現在、ブンデスリーガで多くの成功を収めているウニオン・ベルリンの戦術と同様である」と分析。また、「4-2-3-1、4-3-3を採用し、南野に加え、フランクフルトの鎌田大地が攻撃で特別なハイライトを提供することがよくあるが、彼は最後尾でも努力を惜しまない」と付け加えた。

 そして最後に対戦国の弱点にも言及し、「日本に対するドイツの利点のひとつは、フィジカル面での優位性だ。特に身長では、日本はドイツを大きく下回るため、彼らの守備は、ハイクロスを入れられた際には不安定さが感じられる」と綴り、空中戦が有効な作戦のひとつであると指摘している。

 一方、スペインではムルシア州の地元デジタル紙『EL PERIODICO DE YECRA』が、自国代表の優勝の可能性を検証する記事の中で、「難しいグループ」の最終戦で対決する日本を、「ライバルは本気だ。そして、日本は決して弱いとは言えない。それどころか、ほとんどの選手は欧州でプレーしており、スペインを熟知している。予選では一貫性に欠けるところがあったが、そのダイナミックさとパンチ力は常に、対戦相手にとって脅威である」と評した。

 逆にスペインの利点として、「このスピーディなチームは、多くのスペースを残しがちであり、これは我が国にとっては常に有益となる」と分析。また、「ルイス・エンリケ監督はライバルを過小評価していないことを知っている。彼はあらゆる可能性を考慮に入れており、全ての試合を真剣に受け止めている」と、精神的にも油断は一切ないことも付け加えている。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】なんと米メディアが早くもカタールW杯全試合の結果を徹底予想! 日本の結果、そして優勝国は!?

【関連記事】「本当の芸術作品」「絶対的な天才」 久保建英の“アシスト未遂”にスペイン各地で賛辞の嵐! お洒落すぎる絶品スルーパスに大反響
 
【関連記事】「ドイツ代表より遥か先を行っている」米国に快勝した森保Jを独紙警戒! 一方エクアドル紙は市場価値で日本優位を認める

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?