「全ての質が貧弱だ」コスタリカの一撃に沈んだ森保ジャパン。精彩欠いた攻撃に英解説は「ドイツ戦が嘘のよう」と批判【W杯】

「全ての質が貧弱だ」コスタリカの一撃に沈んだ森保ジャパン。精彩欠いた攻撃に英解説は「ドイツ戦が嘘のよう」と批判【W杯】

森保Jを英解説が厳しく糾弾

「全ての質が貧弱だ」コスタリカの一撃に沈んだ森保ジャパン。精彩欠いた攻撃に英解説は「ドイツ戦が嘘のよう」と批判【W杯】

ナバスを中心としたコスタリカ守備陣を攻めあぐねた日本。その攻撃に英識者から厳しい声が飛んだ。(C)Getty Images

90分を通して攻め続けた森保ジャパン。しかし、終盤に繰り出された一撃に屈した。

 現地11月27日、日本代表はカタール・ワールドカップの第2戦をコスタリカ代表と戦い、0-1の黒星を喫した。勝てば決勝トーナメント進出に向けて前進できた一戦だけに、痛恨と言うべき敗戦となった。

 5バックの守備ブロックを敷いて自陣ゴール前を固めたコスタリカに対し、序盤から積極果敢に仕掛けた日本。しかし、幾度も訪れたチャンスを決めきれず。そしてサムライたちは、終盤に手痛いしっぺ返しをくらう。

 81分に速攻から決定機を創出されると、最後はケイセル・フレールに狙いすました一撃を決められ、先制点を献上。結局、この虎の子の一点を守り切られてしまった。
  コスタリカが放った唯一の枠内シュートに屈した森保ジャパン。結果的に拙攻が悪目立ちした彼らのパフォーマンスは、厳しく糾弾されている。英公共放送『BBC』で解説を務めた元イングランド代表DFのスティーブン・ウォーノック氏は「これは僕らが見てきたなかでも最悪の試合だった。だが、初戦で7-0と負けていたコスタリカにとっては最高のストーリーと言える」と総括。そのうえで、攻め手を欠いた日本を批判した。

「言うまでもなくフラーのあの一瞬が全てを変えた。日本は、これまでの対戦成績もあって、かなり楽に勝てると考えていたはずだ。しかし、結果は散々だった。彼らはドイツ戦が嘘のように本当に苦戦していた」

 さらに「全てのクオリティーが貧弱だった」と指摘したウォーノック氏は、「非常に組織化され、時間を無駄にしなかったコスタリカに、あれぐらいの質では困難に陥るのは必然だ」と断じた。

 文字通りの一発に屈した森保ジャパン。現地時間12月1日のグループEの最終戦では、強敵スペインと対戦するが、はたして――。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「完全に迷子になった」コスタリカの“一刺し”に屈した日本。英メディアが「致命的」と分析したプレーは?

【関連記事】「日本人を馬鹿にした」百戦錬磨の名将ザッケローニが波紋広がるリュディガーの“挑発走り”に嘆き!「代償払った」

【関連記事】「ブラジル人は骨折を願ってる」離脱のネイマールへ冷ややかな母国にセレソン同僚が嘆き「この国に生まれたのは過ち」

関連記事(外部サイト)

  • 5

    コスタリカの戦術、どこかで見た記憶がないか。 以前岡田監督の頃に、日本が専売特許でやってた戦い方だ。それで岡田ジャパンはいいところまで,勝ち上がったんだ。 してやられたね。スペイン戦では、がむしゃらに戦ってくれ。

  • 4

    慢心が勝負に影響したよね。 www 今回のW杯は森保監督には勝ち進んで欲しくないよね。 次期監督でベスト4目指せば良いよね。 www

  • 3

    日本チームだけには限らないが大きな試合では格上には牙をむき格下には精彩を欠く日本チームの悪い癖だ 今一度スペイン戦では牙をむき死にもの狂いで戦い汚名返上を願う

すべてのコメントを読む