クロアチアの主将モドリッチ、激闘を終えて森保ジャパンを称賛「スペインとドイツに勝ったのは偶然ではないと分かった」【W杯】

クロアチアの主将モドリッチ、激闘を終えて森保ジャパンを称賛「スペインとドイツに勝ったのは偶然ではないと分かった」【W杯】

日本代表をモドリッチが称賛

クロアチアの主将モドリッチ、激闘を終えて森保ジャパンを称賛「スペインとドイツに勝ったのは偶然ではないと分かった」【W杯】

ピッチ内でキャプテンシーを見せ、チームを鼓舞したモドリッチ。このクロアチアの大黒柱は森保ジャパンをどう見たのか。(C)Getty Images

文字通りの激闘だった。だからこそ、勝者の喜びはひとしおだ。

 現地時間12月5日、クロアチア代表はカタール・ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦で、日本代表と対戦。延長戦を含む120分間で決着がつかずに迎えたPK戦を3-1で制した。
【動画】前田大然のゴラッソ! 日本に希望をもたらした一発をチェック

 43分に前田大然のゴールで日本に先手を取られる苦しい展開となった“ヴァドレニ”(クロアチア代表の愛称)。だが、55分にイバン・ペリシッチのヘディング弾で同点とする。その後は攻め手を欠く展開が続いたが、守備の局面では集中力を維持。死に物狂いで戦った末に1-1で迎えたPK戦では、守護神のドミニク・リバコビッチが好セーブを連発。ワールドカップ史上3人目となる3本もシュートストップを成功させ、勝利を手にした。

 延長の99分に交代を命じられるまで、要所で巧みなボールさばきを見せていたルカ・モドリッチは、試合後にクロアチアの国営放送『HRT』のフラッシュインタビューで、「本当に嬉しい。とてもやりづらい相手との難しい試合だった」とコメント。そして今大会に快進撃を続けてきた日本の印象をあらためて語った。

「僕らは彼らがスペインとドイツに勝ったのが偶然ではないと身をもって体感した。非常に運動量が多くて、フィジカルなチームだった。とても簡単な相手ではなかった」
  それでもクロアチアは史上初のW杯2大会連続ベスト8進出を決めた。いったい彼らの勝因となったのはなんだったのか。37歳の大ベテランは、こう振り返っている。

「僕らはきちんとしたプレーができていなかった。試合の入り方はかなり良かったんだけど、ハーフタイムが終わるころには全く上手くいかなくなって、相手に得点もされてしまった。だからハーフタイム中に『もっと高い位置から行こう』とプレーの仕方を変えようと話し合ったんだ。そしたら相手に多くの問題を与えられるようになり、何度かチャンスを創れるようになった。ロシアを思い起こさせる勝ち方だと思うし、みんなに脱帽だ。何よりも大事なのは準々決勝に行けたことさ」

 森保ジャパンを阻んだクロアチア。次はラウンド16で韓国代表に4-1と快勝したブラジル代表と中4日で対戦する。無論、過密日程による疲労の蓄積を含めて一筋縄ではいかない相手になるが、「簡単ではないけど、今よりも良いレベルに上げられると信じてる」とモドリッチは力強く語る。37歳の主将はどこまでも頼もしい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「お粗末な日本」クロアチアに敗れて8強入りならず。森保Jに海外メディアは酷評も「なんと不公平だ」

【関連記事】「日本が強くなると確信した」元英代表DFが快進撃の森保Jを賛辞! PK戦で敗北も「誇りに思うべき」と強調【W杯】

【関連記事】「なぜルールを守らないのか?」クロアチアの“最も美しいファン”の投稿が再び炎上!「これは恥ずべき行動だ」

関連記事(外部サイト)

  • 4

    森保の選手起用はなかなか良かったが、トップ下に鎌田を使い続けたのはNG

  • 3

    大方の予想はグループリーグ敗退だった。その日本が、前回大会準優勝チームの主力選手に「よくやった」と言ってもらえるのは栄誉あることだ。

  • 2

    日本の試合で共通していることは、1点差を守ろうとする姿勢が8強になれない原因だと思う。 ドイツ戦のアディショナルタイムにシュート出来た場面があった。 あそこで2点差にすることが出来なかったのが今回の結果だと思う。 1点差で勝っているとしても2点差になるまでは、1点ビハインドと考えたプレーが出来るようになれば次のステップに行けるはず。 今回はPKまで持ち込めたので前回よりも成長したと思う。

すべてのコメントを読む