S・ランス伊東純也との“日韓対決”を前に、韓国メディアが「イ・ガンイン待望論が現地で噴出」と報道「もっと先発しなければいけない」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 韓国メディアが熱く報じるイ・ガンインの活躍と、PSGvsSランスでの伊東との対決が注目される。
  • イ・ガンインはリーグ戦では5試合連続で先発出場中だが、CLではベンチスタートが続いており、韓国メディアは先発起用を求める。
  • PSGvsSランス戦がイ・ガンインと伊東の直接対決となるが、フランス国内は韓国でもこの一戦が注目される。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

S・ランス伊東純也との“日韓対決”を前に、韓国メディアが「イ・ガンイン待望論が現地で噴出」と報道「もっと先発しなければいけない」

現地11日にイ・ガンイン(左)のパリSGと伊東(右)が所属するS・ランスが対戦する。(C)Getty Images

韓国メディアが熱くなっている。フランスのリーグ・アン12節(11月11日)で、韓国代表MFイ・ガンインが所属するパリSGが、日本代表FW伊東純也が所属するスタッド・ドゥ・ランスと対戦するためだ。

【動画】伊東純也が決勝ゴール!S・ランスの最新試合をチェック!

 韓国メディア『My Daily』は10日、「イ・ガンイン先発待望論が噴出→“ミニ韓日戦”への期待感アップ、日本の伊東と対戦する」という見出しを付け、「イ・ガンインと伊東純也。韓国と日本のプライドがフランスで激突する」と報じた。

 今夏にマジョルカからパリSGに加入したイ・ガンインは、開幕節(0ー0)と2節(1ー1)、そして9節のストラスブール戦(3ー0)、10節のブレスト戦(3ー2)、11節のモンペリエ戦(3ー0)に先発。ブレスト戦でアシストを、モンペリエ戦では国内リーグ初ゴールと調子を上げている(3~8節は故障とアジア大会出場による欠場)。

 そのため同メディアは、12節のS・ランス戦でも「イ・ガンインは先発する可能性が高い」と予想した。ただ、チャンピオンズリーグでは、出場した3試合はいずれもベンチスタートだった。「敵地でのミラン戦(グループステージ第4節)でも先発から外れ、60分にヴィティーニャに代わって途中出場。試合は1ー2で敗れてしまった」と黒星を喫した一戦を例に出し、「もっと先発の機会を与えないといけないという声が支配的だ」と主張した。
 「ヴィティーニャよりもイ・ガンインのほうがいい選手だ。独自のスタイルを持ち、テクニックがあるイ・ガンインを先発で起用しないといけない」。同メディアはパリSGのOBで元フランス代表のジェローム・ロテン氏が語ったコメントを引用して、現地でもイ・ガンインの先発待望論があると伝えた。

 11節終了時点でパリSGは勝点24の2位で、S・ランスは同20で4位と、いずれも上位につけている。代表ウィーク前のこの上位対決は、フランス国内はもちろん、日本や韓国でも注目を集めそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「ランス唯一の攻撃的な武器」伊東純也、今季2得点目となる正確な決勝弾でチームの上位維持に貢献! 現地メディアは「高品質のプレー」を絶賛
【関連記事】冨安健洋、CLセビージャ戦は「不快感」で前半だけのプレーに終わるも「完璧なほどに堅実」「マルチネッリをサポート」と攻守両面で現地メディアは称賛
 
【関連記事】「天才的で予測不可能」と敵国メディアも絶賛! 久保建英、CLグループ突破のベンフィカ戦で存在感!「相手守備には悪夢」
 
【関連記事】「ジラルディーノ監督が求めている」フェイエノールトの上田綺世、冬にジェノアへ移籍?「プスカシュの退団でウエダにスポットライト」伊メディアなど報道
 
【関連記事】移籍報道が過熱する久保建英、 バルサ、マドリー、ソシエダの3人の担当記者が考える“理想”の「ステップアップ先」と「移籍のタイミング」は?
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?