ストイコビッチ監督率いるセルビア代表がEURO2024へ!現地メディアは早速メンバー23人を大予想「“ピクシー”の最終リストはこれだ」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • セルビア代表がEURO2024へ初出場を果たした。
  • ドラガン監督率いる最終メンバー23人を予想するスポーツ紙が登場した。
  • GKからFWまで具体名を挙げて見立て、ドイツ大会での構成メンバーを予測した。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

ストイコビッチ監督率いるセルビア代表がEURO2024へ!現地メディアは早速メンバー23人を大予想「“ピクシー”の最終リストはこれだ」

カタールW杯に続いてEURO2024の出場権も手にしたストイコビッチ監督。(C)Getty Images

現地11月19日に行なわれたEURO2024予選でブルガリア代表と引き分けたセルビア代表が、24年ぶりの本大会出場を果たした。ベスト8に進出した前回のEURO2000はユーゴスラビア代表として出場しており、セルビアとしては実質の初出場となる。

【動画】セルビアサッカー協会が配信!EURO出場を決めたブルガリア戦のハイライト&試合後のロッカーでの歓喜をチェック!

 そんななか、セルビアのスポーツメディア『Sportske』は11月20日、「“ピクシー”ことドラガン・ストイコビッチ監督が選ぶであろう最終リストはこれだ」として、24年6月に開幕する本大会の登録メンバー23人を次のように予想した。

 GKは3人。カタール・ワールドカップの3試合と今予選のすべてでゴールを守ったヴァニャ・ミリンコビッチ=サビッチ(トリノ)と、11月15日に行なわれたベルギーとの親善試合にフル出場したプレドラグ・ライコビッチ(マジョルカ)で2枠が確定。3人目は、ヴラダン・コバチェビッチ(ラコフ/ポーランド)、ボリス・ラドゥノビッチ(カリアリ)、ミル・スビラール(ローマ)、フィリップ・スタンコビッチ(サンプドリア)らを抑えて、ジョルジェ・ペトロビッチ(チェルシー)が入ると予想した。

 ストイコビッチ監督は就任以降、「トレードマークとなった」3バックにこだわりを見せており、同メディアはCBに6人を選出した。まずは「かけがえのない存在」としてストラヒニャ・パブロビッチ(ザルツブルク)とニコラ・ミレンコビッチ(フィオレンティーナ)を挙げ、ミロシュ・ヴェリコビッチ(ブレーメン)、スルジャン・バビッチ(スパルタク・モスクワ)も確定とした。さらにストラヒニャ・エラコビッチ(ゼニト)、守備的MFもWBもこなせるネマニャ・グデリ(セビージャ)を入れている。
  セルビアは3ー4ー1ー2か、もしくは3ー4ー2ー1を基本システムにしている。MFにはWBも含む11人を選んだ。右WBはアンドリヤ・ジブコビッチ(PAOK)が「席を予約している」とし、その控えにネマニャ・ラドニッチ(トリノ)をチョイス。左WBにはフィリップ・コスティッチ(ユベントス)とフィリップ・ムラデノビッチ(パナシナイコス)を予想した。サイドもセンターもこなせるミヤト・ガチノビッチ(AEKアテネ)やダルコ・ラゾビッチ(ヴェローナ)、左サイドのスペシャリストのアレクサ・テルジッチ(ザルツブルク)は選外としている。

 セントラルMF/アンカー、トップ下/攻撃的MFには、重鎮のドゥシャン・タディッチ(フェネルバフチェ)とセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(アル・ヒラル)、さらにサシャ・ルキッチ(フルアム)、ラザル・サマルジッチ(ウディネーゼ)を確定とし、ネマニャ・マクシモビッチ(ヘタフェ)、イバン・イリッチ(トリノ)、フィリップ・ジュリチッチ(パナシナイコス)も滑り込むと予想。11月の代表戦でも招集されたマルコ・グルイッチ(ポルト)、ウロシュ・ラチッチ(サッスオーロ)といった常連の名前も挙げたがメンバーから外れると見通した。

 FWには3人を選んだ。チームリーダーのひとりのアレクサンダル・ミトロビッチ(アル・ヒラル)、そしてチーム随一のスター選手ドゥシャン・ヴラホビッチ(ユベントス)が確定で、第三のFWにルカ・ヨビッチ(ミラン)を挙げた。ただヨビッチはミランで出場機会が限られており、「プレー時間を求めて冬に移籍するだろう」と記した。

 同メディアは、予期しない怪我や長期間の出場停止がなければ、この23人がドイツで開催されるEURO2024に登録されると見込んだ。はたしてストイコビッチ監督は登録メンバーに誰を選ぶのだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】セルビアを24年ぶりのEUROに導いた監督“ピクシー”。W杯敗退後の苦悩の日々も吐露「厳しい批判受け、立ち直るのは簡単ではなかった」
【関連記事】前回王者のイタリア代表、予選2位でEURO2024出場決定!「ありがとうスパレッティ」と伊紙歓喜「タイトルを防衛しよう」
 
【関連記事】マレーシアでプレーしていたヨルダン代表CB、主審への突き&蹴り&唾吐きで永久追放!9月の試合で愚行→クラブが契約解除→協会が11月に処分決定
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?