元スペイン代表のセスク、監督就任2試合目でダービーに挑む。対戦相手の指揮官は中田英寿、中村俊輔とプレーした元イタリア代表FW

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 元スペイン代表MFのセスク・ファブレガスがイタリアのセリエBチーム・コモの指揮官に就任し、初陣を挙げた。
  • コモは続いて同じロンバルディア州のクラブでライバル関係にあるレッコとデルビーマッチで対戦する。
  • 対戦相手のレッコの監督はイタリア代表経験のあるボナッツォーリで、両監督共に注目の試合が予想される。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

元スペイン代表のセスク、監督就任2試合目でダービーに挑む。対戦相手の指揮官は中田英寿、中村俊輔とプレーした元イタリア代表FW

セリエBのコモで暫定監督を務めているセスク。(C)Getty Images

現役時代にアーセナル、バルセロナ、チェルシー、モナコでプレーした元スペイン代表MFのセスク・ファブレガスが、2022ー23シーズン限りで現役を引退したイタリア・セリエBのコモで指導者の道を歩み始めた。

【PHOTO】フリット、ジダン、イニエスタ…厳選写真で振り返る過去30年の「超ワールドクラス図鑑」攻撃的MF編

 セスクは引退後にコモのプリマベーラ(Uー18)の監督に就任。しかし、11月13日にトップチームの指揮官モレーノ・ロンゴが解任されると、その後任に指名されて暫定監督となった。

 この人事はイタリアで大きな話題となった。解任されたロンゴは6勝3分け3敗で昇格プレーオフ圏内の暫定6位につけており、しかも解任2日前のアスコリ戦は敵地で1ー0の勝利を手にしていたからだ。

『Gazzetta dello Sport』紙はこの監督交代劇を「衝撃的」と報じ、「クラブを所有するインドネシア人たちは、クラブの国際的な人気を狙っている。セスクが昨シーズンに加入してプレーしたのも、そのプロジェクトの一環だった。セスクとコモの選手たちは昨シーズンのチームメイトで、ゼロからの関係ではない。しかし、監督交代が予期せぬ変化だったのは間違いないだろう」と報じた。

 また、スポーツメディア『Eurosport』は、「ロンゴのサッカーの内容に、オーナーたちは満足しなかったのだろう」と伝えた。セスクはボール支配を優先しないロンゴ時代の戦術から一転、ポゼッションスタイルを導入。初陣となった13節(11月25日)のフェラルピサロ戦ではボール保持率で相手を上回って(60.3パーセント対39.7パーセント)、2ー1の勝利を収めている。決勝点が生まれたのは90分+3分だった。
  続いてコモは11月28日に、延期分の第3節レッコ戦を迎える。コモとレッコは同じロンバルディア州のクラブで、いずれもコモ湖畔の街を本拠地としている。この「デルビー・デル・ラーリオ」と呼ばれるダービーマッチに向けてセスクは、「ダービーに勝ちたい。いつものようにファン全員のサポートが必要だ。特別な試合になるため、全員が団結しなければならない」と連勝に向けて団結を呼び掛けた。

 対戦相手のレッコは、1972ー73シーズン以来50年ぶりにセリエBに昇格したクラブで、今シーズンはここまで3勝3分け7敗の17位。8試合を消化した時点(1勝2分け5敗)で成績不振を理由にルチャーノ・フォスキ監督を解任し、10月12日に後任の指揮官としてエミリアーノ・ボナッツォーリを招聘した。

 現役時代にFWだったボナッツォーリは、パルマやレッジーナ、サンプドリア、フィオレンティーナなどでプレー。イタリア代表歴もあり、パルマ時代には中田英寿と、レッジーナ時代には中村俊輔とチームメイトだった。

 ボナッツォーリの監督キャリアはセリエDのものしかない。しかし抜擢されたレッコでは11節に当時2位のパレルモ(2ー1)、13節に当時1位のパルマから大金星(3ー2)を挙げて18位から17位に浮上。降格圏を脱している。

 就任2試合目のセスク暫定監督と、上位相手に白星を挙げたボナッツォーリ監督。それぞれが率いるコモとレッコの「デルビー・デル・ラーリオ」には、小さくない注目が集まっている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「素晴らしいプレー」「ほぼ端役」 久保建英のセビージャ戦でのプレーに現地メディアの評価は二分…「以前より正確さや魅力に欠ける」との指摘も

【関連記事】「再び素晴らしいパフォーマンスを維持」 冨安健洋、ブレントフォード戦の守備で現地メディアから最高評価! アーセナルは首位に浮上!!

【関連記事】「ボールを失うのを見るのは耐え難い」セリエA初フル出場の鎌田大地、逆転負けのラツィオにおいて現地メディアから最低評価「存在感がなく失望を与えた」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?