「最も重要な試験となるだろう」ELマッカビ戦に先発濃厚の久保建英。現地メディアは試練と位置付け

「最も重要な試験となるだろう」ELマッカビ戦に先発濃厚の久保建英。現地メディアは試練と位置付け

エメリ監督が「非常に重要な試合」と位置付けるマッカビ戦で、久保にチャンスが与えられそうだ。(C)Getty Images

ビジャレアルは11月5日(現地時間)、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第3節で、イスラエルのマッカビ・テルアビブと対戦する。

 ここまで同コンペティション2連勝の「イエローサブマリン」は、ホームでの3戦目も優勢と見られているが、相手もこの2試合で勝点6を獲得しており、決して油断はできない。

 ウナイ・エメリ監督は「非常に重要な試合」だとマッカビ戦を位置づけ、「完璧なゲームをしなければならない」と語っているが、一方で「我々は選手に休息をとらせる必要もあり、挑戦をしなければならない。アレックス・バエナ、久保建英といった新しい選手、さらにもっと若いイェレミを起用するという挑戦だ」とも言う。(地元紙『el Periodico Mediterraneo』より)

 ラ・リーガ第8節のバジャドリー戦では、公式戦4試合ぶりにベンチスタートとなった久保だが、指揮官がローテーションの採用を明言したことで、ELでは3試合連続となるスタメン入りの可能性が高い。

 現地メディアの予想でも、日刊紙『AS』は「クボが戻ってくる」として4-1-4-1の2列目左サイドに彼の名前を記載しており、ラジオ局『Cadena SER』は右からサムエル・チュクウェゼ、カルロス・バッカ、久保が並ぶ3トップを予想している。
 『AS』はまた、「ジェラール・モレーノの復帰によってベンチに戻されてしまった日本人にとって、このマッカビ戦は最も重要な試験となるだろう」と綴っている。バジャドリー戦でのエメリ監督の決定に初めて疑問を抱いたであろう彼は、チュクウェゼやイェレミとのポジション争いにおいて最も有用性があることを示さなければならない。

 加えて「マッカビの骨子である守備陣のスペイン人(ルイス・エルナンデス・ロドリゲスかエンリク・サボリット)と対決しなければならない」という試練に立ち向かう久保には、大いに注目が集まることだろう。

 13日にパナマ代表、17日にメキシコ代表と国際親善試合を行なう日本代表のメンバーにも選ばれた19歳が、欧州の舞台で結果を残し、チーム内での価値をさらに上げることができるか要注目である。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?