「特別な才能の持ち主」元スペイン代表のレジェンドが久保建英に太鼓判!「ビジャレアルで重要な役割を担える」

「特別な才能の持ち主」元スペイン代表のレジェンドが久保建英に太鼓判!「ビジャレアルで重要な役割を担える」

リーグ戦ではなかなかプレータイムが伸びない久保だが、ELでは先発出場が有力視されている。(C)Getty Images

ビジャレアルは11月26日(現地時間)、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第4節で、イスラエルのマッカビ・テルアビブをホームに迎える。

 ここまでELでは全勝を飾り、3戦合計12得点と、抜群の強さを発揮している「イエローサブマリン」は、さらに勝点3を積み上げれば2位以内が確定し、決勝トーナメント進出が決定する。

 久保建英はウナイ・エメリ監督の下、ラ・リーガでは控え、ELではスタメンという位置づけがなされているが、今回も地元紙『MARCA』(3トップの右サイドと予想)をはじめ、多くのメディアがピッチ上で試合開始の笛を聞くことになると見ている。

 しかし、地元紙『AS』は予想メンバーから久保の名を削除。3トップには右からジェラール・モレーノ、パコ・アルカセル、モイ・ゴメスという、現時点でのレギュラーメンバーの名が記されている。

 久保といえば、出場機会がELに限定されつつある現状に不満を抱き、来年1月でのビジャレアル退団を希望しているという地元紙『el Periodico Mediterraneo』発のニュースの反響がいまだに大きく、『MARCA』も「この数週間、久保は(所有元である)レアル・マドリーに不満を表明している」と去就に関する報道も忘れていない。
  一方、『AS』は移籍市場の記事の中で、久保について「ビジャレアルはこの日本人の不満を認識していないというが、噂では反対のことが指摘されている」と現状を綴るとともに、もし本当にレンタルが強制終了される場合、ベティスが、負傷したセルヒオ・カナレスをカバーできる存在として、久保の名を獲得リストに載せると伝えている。

 話をELに戻すと、久保のラ・リーガでの“不遇”に疑問を呈する『MARCA』は、ここまで格下相手の戦いとなっているELでの先発起用を「久保の安売り」と表現したが、彼のこのコンペティションでの活躍を期待するレジェンドもいる。リバプール、レアル・マドリーでチャンピオンズ・リーグに優勝し、スペイン代表としても欧州と世界を制したMF、シャビ・アロンソだ。

 UEFAの公式サイトで、彼は今季のELへの期待を語り、注目すべきクラブのひとつとして「エメリ監督には経験があり、良い選手も揃っている」ビジャレアルを挙げ、久保については「特別な才能を持っている。昨季はマジョルカで違いを見せた。今季はビジャレアルのような積極的なスタイルのチームで、重要な役割を担える」と印象を語った。

 エメリ監督は前日会見で、久保の去就問題に触れることはなく、指揮官はマドリー戦に始まり、EL、そして首位チーム(ソシエダ)と続く「挑戦の伴う1週間」を乗り切ることに集中していると強調したが、久保は戦力としてどれだけ貢献できるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)