「タケが仕事を果たせば…」エメリ監督から期待される久保建英、精彩欠いた“1週間”の鬱憤をELで晴らせるか

「タケが仕事を果たせば…」エメリ監督から期待される久保建英、精彩欠いた“1週間”の鬱憤をELで晴らせるか

日刊紙『AS』などがELのシワススポル戦での久保のスタメンを予想している。(C)Getty Images

ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージが開幕して以降、久保建英はこのコンペティションで先発出場し、ラ・リーガではベンチスタート→終盤での途中出場という形での起用が定番となっている。

 ラ・リーガでの短いプレー時間の鬱憤を晴らすかのように、ELではゴールやアシストの他、光るプレーを見せることが続いていたが、先週はリーガ第10節のレアル・マドリー戦、ELのマッカビ・テルアビブ戦、そしてリーガ第11節のレアル・ソシエダ戦と、いずれにおいても効果的なプレーは少なく、目に見える結果も残せなかった。

 ビジャレアルの専門メディア『VILLARREAL USA』は、この3試合を「何ら印象的なことがなかった1週間」と称し、以下のように振り返っている。

「マドリー戦(89分から出場)は、ティボー・クルトワとの1対1となり、ナチョに防がれた場面が唯一の攻撃の関与。マッカビ戦(先発出場)では63分間でボールタッチはわずか33回、25回のパスのうち成功したのは17回、シュートもラストパスもゼロに終わった。そしてソシエダ戦(74分から出場)では、何も生産的なことができなかった」
 「前回は上手くプレーし、自身も楽しみにしているであろうELのシワススポル戦(3日)に注目しよう」と同メディアは締めたが、このリターンマッチについては、日刊紙『AS』などが前線左サイドでのスタメン入りを予想している。

 久々の“爆発”が期待される久保だが、それを待ち望んでいるのは、ウナイ・エメリ監督も同様のようだ。日刊紙『MARCA』によると、指揮官はナイジェリア人アタッカーのサムエル・チュクウェゼとともに、この19歳の日本人にもさらなる成長を期待しているという。

「タケが出場した試合で、彼が敵陣で仕事を果たし、ゴールに結びつけることができれば、チームはより前へ進むことができる」

「選手の経験を蓄積させることが必要」「若い選手たちの良いパフォーマンスを引き出したい」などと語り、戦力のさらなる底上げを図ろうとしているエメリ監督の下、久保はゴールを生み出すプレーで期待に応え、再び上昇気流に乗ることができるか。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)