「ヘタフェの“顔”を変えた」先発出場で“違い”を見せた久保建英に称賛の声多々!バルサ系メディアも誇らしげ!?

「ヘタフェの“顔”を変えた」先発出場で“違い”を見せた久保建英に称賛の声多々!バルサ系メディアも誇らしげ!?

先発出場した久保のパフォーマンスをスペインメディアは高く評価した。(C)Getty Images

1月20日(現地時間)、ラ・リーガ第18節が行なわれ、ヘタフェは1-0でウエスカを下し、今季リーガでは初となる連勝を飾った。

 前節エルチェ戦で途中出場から2ゴールに絡むという鮮烈な新天地デビューを飾った久保建英は、大方の予想通り、4-2-3-1の2列目右サイドで先発出場。80分にフランシスコ・ポルティージョと交代するまで、随所にレベルの高いプレーを披露した。

 試合後、久保は自身のSNSで「ホームでの大きな勝利、+3(勝点)」と、チームとして結果が出たことを喜んだが、その勝利に彼が貢献したことは、ホセ・ボルダラス監督のコメントからも明らかである。

「久保は我々の攻撃レベルを高めるだけでなく、今日は(カルレス・)アレニャ同様、守備面でも献身的にプレーした。2人とも、このチームの特徴や哲学をよく理解できている」(マドリードのスポーツ紙『MARCA』より)
  このように新加入選手を絶賛する指揮官は、ウエスカ戦で久保がFKを蹴ったことについて、「彼は、FKをうまく蹴ることができる。このことについては今週、話し合っていた。我々には、アレニャや(マウロ・)アランバリもいるが、久保との対話によって、彼にキッカーを任せることになった」と、その背景を明かしている。

 アレニャのアシストを受けて決勝ゴールを挙げるなど、MVP級の活躍を見せたアランバリも、2人のニューフェイスを「加入初日から、チームに貢献しようという気持ちが前面に出ており、とても良い印象を持っている。我々を助けるためにこのチームに来てくれたことを、とても嬉しく思っている」と称賛した。

 メディアも軒並み高評価で、『MARCA』は「漫画のようなボールタッチでヘタフェをおしゃれに着飾らせるために到来し、チームに新鮮な空気を吹き込んだ」「スタメンとして登場し、ヘタフェの“顔”を変えた」など、その影響力の大きさを強調している。

 同じくマドリードのスポーツ紙『AS』は、「注目に値した。前半はスペクタクルなテクニックを活かしたプレーを披露。ハビ・ガランとの対決は最高だった。フィジカル的に限界に達したところで途中交代した」と久保のプレーを評するとともに、こちらも新加入選手2人がチームにもたらした効果にも言及した。
 「アレニャと久保は、攻撃のレパートリーを増やしたり、組織プレーのための効果的な位置取りを見せたり、さらに簡単にロングボールを放るのではなく、スペースを見つけてボールを繋ぐなど、これまでヘタフェになかったことをもたらし続けている」

 一方、バルセロナのスポーツ紙『MUNDO DEPORTIVO』は、この試合で久保、アレニャ、そしてマルク・ククレジャというバルセロナの下部組織出身者3人が2列目に並んだことに注目し、ヘタフェの2列目を「ラ・マシア製」と称している。
  同じくバルセロナのスポーツ紙『SPORT』は、「久保とアレニャは他とは異なるスピードでボールを回し、ヘタフェを目覚めさせた」と、ラ・マシア出身者のレベルの高さを強調し、アレニャがアランバリに「勝利に値するアシスト」を決めたと報じた。

 加入2戦目でも良さを発揮した久保。このマドリードのチームは、新天地での歩みはここまで順調のようだが、ボルダラス監督は「ペナルティエリアでのプレーに絡むことが少なかったので、もっと中央に入っていくよう指示を出した」と語ったように、まだ改善すべき点はある。次戦は25日のビルバオ戦。難敵相手に、より進化した姿を見せられるか?

構成●THE DIGEST編集部

【動画】先発出場で連勝に貢献!久保建英がFK、ドリブルで魅せたウエスカ戦のハイライト

関連記事(外部サイト)