ユーロでマイナーGKが大活躍。今夏の移籍市場で価値が爆上がりしそうな3人

 前回大会から出場枠が16から24に拡大されたユーロ2020だが、クオリティの低下という当初の懸念はどこ吹く風。連日熱戦が繰り広げられている今大会を見ても、ファンの期待に違わぬハイレベルな試合が続いている。

 そんななか、大会のハイクオリティにひと役買っているのが、ゴールキーパー(GK)の存在である。

 マヌエル・ノイアー(ドイツ)、ティボ・クルトゥワ(ベルギー)、ウーゴ・ロリス(フランス)、ヴォイチェフ・シュチェスニー(ポーランド)、ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア)......。

 彼らのように、日本のファンにもお馴染みの有名GKが名を連ねるのだから当然ではあるが、むしろ今大会で目立っているのは、それ以外の実力派GKたちの活躍ぶりだ。


ウェールズの躍進に大貢献したGKダニー・ウォード

 思い出されるのは、5年前のユーロ2016フランス大会。北アイルランドのサプライズだ。開幕前はダークホースにも数えられなかったにもかかわらず、見事グループ3位で決勝トーナメント進出を果たした。とりわけグループ最終節のドイツ戦では、GKマイケル・マクガヴァンがビッグセーブを連発。0−1で敗れたものの、その活躍ぶりが得失点差によるグループリーグ突破につながり、一躍スポットライトを浴びたことは記憶に新しい。

 それをきっかけに移籍市場でも注目を浴びたマクガヴァンは、その夏、ハミルトン・アカデミカル(スコットランド)からノリッジ・シティ(イングランド2部)にステップアップ移籍。サッカーマイナー国の無名選手にとって「希望の光」となった。

 ビッグトーナメントで活躍したGKがその後のキャリアを好転させたケースは、W杯の舞台でもよくある話だ。

 2018年ロシアW杯では、大会後にブラジルのGKアリソンがGK史上最高額の移籍金でローマからリバプールに移籍。さらにその穴を埋めるべく、スウェーデンのGKロビン・オルセンもFCコペンハーゲンからローマにステップアップ移籍を果たした。

 2014年ブラジルW杯でも、8強入りを果たしたコスタリカのGKケイロル・ナバスがレバンテからレアル・マドリードにキャリアアップしたほか、アジャクシオ(フランス)との契約が満了していたメキシコのGKギジェルモ・オチョアも同大会での活躍によってマラガ(スペイン)との契約を勝ち取っている。

続きを見る

関連記事(外部サイト)