「メッシ移籍後のバルサ」に試金石。守備強化路線はバイエルンに通用するか

 リオネル・メッシを放出せざるを得なかったバルセロナは、どれだけのプラスあるいはマイナス要素で本格的に新シーズンへ入るのか?

 リーグ戦開幕以来、バルサはレアル・ソシエダ、アスレティック・ビルバオ、ヘタフェと戦い、2勝1分け。成績だけを見れば、悪くないスタートだろう。ロナルド・クーマン監督の2年目、現時点では批判が抑え込まれている。

 しかし、不安は尽きない。8月末の移籍期限まで人の出入りが激しかった現有戦力を含め、あらためて"メッシ移籍後のバルサ"を検証した。


リヨンからバルセロナに移ったメンフィス・デパイは攻撃の柱になれるか

 下部組織ラ・マシアで手塩にかけた大型MFイライクス・モリバをライプツィヒに1600万ユーロ(約21億円)で売却せざるを得なった(モリバ側が契約更新を拒否した)のは、やはり痛手かもしれない。クーマンはモリバに目をかけていた。現場の計算が狂ったのは間違いない。モリバは中盤でインテンシティを与えられる18歳で、今後のバルサを担うはずだった。

 とは言え、ここは「不満分子となる若手を残して、結局フリーで手放すよりはマシ」と開き直るべきだろう。

 モリバと同じポジションには、スペイン人MFニコ・ゴンサレスが育っている。ニコは1990年代にデポルティーボ・デ・ラ・コルーニャで左利きファンタジスタとして鳴らしたフランの息子。長身のクレバーなMFで、セルヒオ・ブスケツの後継者候補だ。

 移籍マーケット閉鎖直前には、チーム2位のポイントゲッターだったフランス代表アントワーヌ・グリーズマンをアトレティコ・マドリードに移籍させたが、これも大きな問題ではない。グリーズマン自身、バルサでフィットできず、アジア人への差別発言なども問題視され、立場的に窮していた。ファンから「お前のせいで、レオ(メッシ)は出て行った!」とメッシに次ぐ高年俸が批判されたりもしていた。

 グリーズマンを手放したことで、セビージャのオランダ代表FWルーク・デ・ヨングを獲得した。クーマンがリクエストしていたセンターフォワードの第一候補ではなかったが、オランダ代表監督時代に熟知しているだけに、まずまずの補強だろう。

続きを見る

関連記事(外部サイト)