オナイウ阿道が地元メディアも「驚き」の活躍。チームにフィットしている秘訣とは?

 10月16日に行なわれたフランスのリーグ・ドゥ(2部リーグ)第12節。開幕から好調をキープして目下リーグ首位に立つトゥールーズが、勝ち点4ポイント差に位置する3位のオセールを6−0で下した。同日の試合で2位のソショーも白星を飾ったが、トゥールーズはこの勝利によって勝ち点1ポイント差で首位をキープすることに成功した。

 今シーズンからトゥールーズでプレーする日本代表FWオナイウ阿道は、後半58分、かつてアルビレックス新潟に在籍したこともあるブラジル人ラファエル・ハットン(Jリーグでは出場なし)に代わって途中出場。第2節から10試合続いていた連続スタメン出場は途切れたが、それは日本からの長旅を考慮されてのこと。


リーグ・ドゥですでに5ゴールを記録しているオナイウ阿道

 オナイウ阿道に代わって出場したハットンがこの試合、今シーズン初スタメンながら2ゴールを決める活躍を見せたのは驚きだが、それによってオナイウ阿道のポジションが即奪われるようなことはないだろう。キャリア初のヨーロッパの舞台で、オナイウ阿道はそれほどトゥールーズとフランスサッカーにフィットしている。

「オナイウ、日本からのサプライズ!」

 現在リーグ・ドゥを放送する『ビーイン・スポーツ(bein SPORTS)』の電子版は、主軸FW放出の穴を埋める新得点源を推定約70万ユーロ(約9000万円)で手にしたスカウトを賞賛するとともに、9試合で5ゴールを決める活躍を見せていたオナイウ阿道を第10節のカーン戦前にクローズアップした。

 本人も周囲の期待を理解しているようで、加入後初めての試合前日会見では「特に何点という目標は決めていないが、FWの選手なのでチームの勝利につなげるためにもゴールは決めていきたい」とコメントしている。

 また、現在7ゴールを量産する同僚のイングランド人FWリース・ハーレイとの良好な関係性に話が及ぶと、「特にFWはコミュニケーションが必要だと思っている。僕がリースのポジションでプレーすることもあるし、同じイメージを持っていると思うので、いい関係が作れている」と、順調にチームに溶け込めている秘訣を語った。

続きを見る

関連記事(外部サイト)