リバプールがプレミアリーグ逆転優勝へ望みをつないだ南野拓実のゴール。ボールを受ける3人目の動きが秀逸

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー〜

Question
右のジョー・ゴメスにボールが渡り、リバプールはこのあとどう崩したか?

 プレミアリーグ第37節、リバプールがアウェーでサウサンプトンと対戦し、2−1で勝利を収めた。

 首位のマンチェスター・シティが、同節で引き分けたために勝ち点差が1となり、熾烈な優勝争いは次の最終節までもつれ込むこととなった。

 優勝の可能性を残すために、勝ち点3獲得が必須だったリバプールだったが、前半13分にサウサンプトンに先制点を許す苦しい展開となった。

 しかし、27分に南野拓実の得点で同点に追いつく。そして後半22分、コーナーキックからジョエル・マティプが決めて逆転勝利となった。

 今回は、南野が決めた同点シーンをピックアップする。

 前半27分、後方からのビルドアップで攻撃を組み立てるリバプール。サウサンプトンが守備ブロックを整えるところを、センターバックのマティプから右サイドバックのジョー・ゴメスへ展開する。


右サイドのジョー・ゴメスから、リバプールはどのように崩しただろうか

 ジョー・ゴメスがフリーでボールをコントロールすると、手前に右ウイングの南野が相手のネイサン・レドモンドにマークされ、中央にディオゴ・ジョタが走り込んでいる。

 この状況で、ジョー・ゴメスはなにを選択して崩しただろうか、というのがQuestionだ。

続きを見る

関連記事(外部サイト)