今季、欧州で最も活躍した日本人選手は誰だ。MVPは満票で鎌田大地に

日本人欧州組の今季を総括(前編)

 欧州サッカーの2021−22シーズンが、スペイン2部などを除きほぼ終了した。欧州でプレーする日本人は今季、さらに増えた。UEFAリーグランキングの上位15カ国の1部リーグに限定しても、その数は50人を越える。そのなかで誰が活躍したと言えるのか。単純に得点数や出場時間といった数字では測れないだろう。各国リーグのレベルや個々のクラブの状態はさまざまで、比較するのは簡単ではない。そこで、欧州のサッカーに詳しいライター4氏に、主観を含めて活躍したと言える選手5人を選んでもらった。

 4人の評価を総合すると、日本人のベストプレーヤーは満票で鎌田大地(フランクフルト)。2位は3票で伊東純也(ゲンク)、3位は2票の冨安健洋(アーセナル)と遠藤航(シュツットガルト)、という結果になった。


小野伸二以来の欧州カップ戦王者となった鎌田大地(フランクフルト)

代表選出は当然の帰結だった菅原由勢
杉山茂樹

 今季の欧州で活躍した選手を順に選ぼうとしたとき、問題となるのはプレーする場のレベルだ。その個人成績はどこで収めたものなのか。問われるのはリーグのレベルとチームの成績だ。欧州リーグランキング上位国でチームも好成績を収めていれば、選手の価値は上昇する。チャンピオンズリーグ(CL)とリーグランキング1位のプレミアで優勝争いを演じたリバプールは、そういう意味で現在、最高のチームになる。とはいえ、リーグ戦の出場時間がわずか224分にとどまる選手(南野拓実)を、活躍組に加えることはさすがにできない。

菅原由勢(AZ)

 リーグランキング7位のオランダで、5位となったAZ。現在21歳の菅原は、そこで1シーズン、フル稼働した。森保一日本代表監督が招集せざるを得ない条件は整っていた。今回の代表復帰は当然の帰結だ。チームでは主に右サイドバック(SB)として出場。1列高い位置でもプレーしている。また昨季は左サイドでもプレーした。サイドならどこでもこなす推進力に長けた多機能型のプレーヤー。代表では左SBのほうがチャンスはある。

続きを見る

関連記事(外部サイト)