プレミアリーグのベストイレブンを英国人記者が厳選。「完璧以上の出来」「手がつけられない」と評された選手たち

2021−22プレミアリーグベストイレブン MF&FW編  GK&DF編はこちら>>

イングランドプレミアリーグは最終節までもつれ込む大接戦の末、マンチェスター・シティの優勝でシーズンを終えた。世界中の猛者が集まり、多くの選手が活躍した今季を自国英国人の記者はどう見ているか。今回は大手高級紙などに寄稿しているリチャード・ジョリー氏にベストイレブンを選んでもらった。まずは、MFとFWの6人を紹介する。

◆ ◆ ◆


英国人記者が選んだ、プレミアリーグベストイレブン

完璧以上の出来

MF/ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー)

 しつこい足首の痛みに悩まされ、今季序盤戦はフラストレーションを溜め込んだ。しかし12月に怪我が癒えると、そこからファンタスティックなパフォーマンスを連発。

 レアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ準決勝第2戦では、彼が退いたあとに悪夢の大逆転劇を喫し、その存在の大きさを示した。

 またその後、プレミアリーグのウォルバーハンプトン戦で、シティでの初のハットトリックを達成した上、さらにもう1点を追加。そのほか、1月のチェルシー戦の決勝点や、3月のマンチェスター・ダービーでの2得点など、重要な得点が増えている。

 ジョゼップ・グアルディオラ監督も、彼のシーズン後半戦の出来について「完璧以上のもの」と手放しで賞賛した。


ハイレベルなチーム内でも存在の大きさを示した、デ・ブライネ photo by Getty Images

MF/デクラン・ライス(ウェストハム/イングランド)

 デイビッド・モイーズ監督から、欧州随一のMFと称えられるまでに成長したイングランドの希望のひとり。現在23歳の守備的MFは毎年、着実に能力を高めており、今季はとくに攻撃面が改善されている。

 深い位置からドリブルで持ち運び、前線に縦パスを打ち込むプレーを頻繁に見せ、その距離と数はどちらも中盤の選手として最多だった。リバプールやチェルシー、トッテナムに勝った試合でも、この生え抜きのキャプテンが輝きを放った。

 記者が選ぶ年間最優秀選手賞で、3位に入ったのも十分に頷ける(1位はモハメド・サラー、2位はデ・ブライネ)。

続きを見る

関連記事(外部サイト)