開幕直前のラ・リーガの注目ポイント。盤石のレアル・マドリードにバルセロナは食いつけるか。久保建英はレアル・ソシエダで活躍できる?


UEFAスーパーカップで勝利。昨季から変わらず調子がいいレアル・マドリード

久保はソシエダで熾烈なポジション争い

 今夏のプレシーズンでは様々なクラブが2年間自粛していた海外遠征を実施し、コロナ禍前のような日常が戻ってきたなか、ラ・リーガの2022−23シーズンが開幕する。

 久保建英の完全移籍によりとくに日本で注目されるレアル・ソシエダは、昨季のリーガを6位で終え、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を確保している。今季はさらなる高みを目指し、チャンピオンズリーグ(CL)出場に向けた戦いに挑むことになる。

 今夏、18歳のモハメド=アリ・チョー(フランス)、ブライス・メンデス(スペイン)、久保を計3100万ユーロ(約43億4000万円)で獲得。さらにマルティン・メルケランス(スペイン)がレンタルから戻り、Bチームから5人が昇格している。

 チームを率いるのは、レアル・ソシエダ監督として5季目を迎えるイマノル・アルグアシル。2018−19シーズン途中から暫定監督を務め、翌年正式に監督に就任するとチームを33年ぶり3回目の国王杯優勝に導き、3季連続でEL出場権を獲得した。その手腕は高く評価されている。

 チームの特徴は、堅固な守備をベースとしたポゼッションサッカー。GKアレックス・レミロ(スペイン)やリーガ最高峰のセンターバック(CB)との呼び声が高いロビン・ル・ノルマン(フランス)を中心に、昨季のリーガ総失点は37と、20チーム中4番目の好成績だった。またイエローカード数は最少と非常にクリーンなチームである。

 一方、攻撃陣に多数のタレントを抱えながらも、エースのミケル・オヤルサバル(スペイン)のケガが大きく響き、総得点はリーガ11番目の40と物足りなさがあった。

 イマノル監督はプレシーズンで4−3−3と中盤ダイヤモンド型の4−4−2を併用し、様々な組み合わせをテストした。その成績は6試合2勝1分3敗、5得点6失点と負け越し、昨季同様の得点力不足を露呈した。

 合流が遅れた久保は4試合(先発2試合)、206分出場。新天地デビューとなったボルシアMG戦は4−4−2のトップ下、初先発のオサスナ戦は4−3−3の右ウイングと右インサイドハーフ、ボーンマス戦は4−3−3の右インサイドハーフ、アスレティック・ビルバオ戦は4−3−3の右ウイングでプレー。

 得点、アシスト共になかったものの、GKとの1対1のチャンスや、あと一歩でゴールという惜しいシュートを放つなど、随所で持ち味を発揮し、現地紙は概ねポジティブな評価をしていた。

 久保はシーズンを通じて、例えばトップ下ならダビド・シルバ(スペイン)、右ウイングならブライス・メンデス、右インサイドハーフならミケル・メリーノ(スペイン)といったように、2季前のビジャレアル時代同様、経験豊富な選手たちと熾烈なポジション争いを強いられることになる。

 しかし今季はリーガ、EL、国王杯の3大会を戦うため、出場機会が多くなると予想され、本人が望む成長の助けにもなるはずだ。

続きを見る

関連記事(外部サイト)