久保建英は黄金コンビでマンUに挑む。日本人選手出場のヨーロッパリーグ見どころ

 9月8日、ヨーロッパリーグ(EL)の本戦が火ぶたを切る。

 優勝候補の本命は、イングランドのマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルなどのビッグクラブか。しかし、実力差は伯仲。PSV(オランダ)、モナコ(フランス)などはチャンピオンズリーグ予選で敗退し、ELに回っているだけに対抗馬と言える。また、昨シーズンのカンファレンスリーグ(ECL)で優勝した、ジョゼ・モウリーニョが率いるローマ(イタリア)も侮れない。

 個人的には、スペインのベティスを推す。フランス代表ナビル・フェキルは、ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)、ウスマン・デンベレ(バルセロナ)と並ぶスペクタクル。マヌエル・ペジェグリーニ監督の選手の個性を生かした集団戦術は極まりつつあり、41歳になるホアキン・サンチェスは最後の花を咲かせるか。

 日本人選手では、冨安健洋(アーセナル)、南野拓実(モナコ)、原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)、堂安律(フライブルク/ドイツ)、町田浩樹(ユニオン・サンジロワーズ/ベルギー)、田中亜土夢(HJKヘルシンキ/フィンランド)、そして久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)と7人が出場予定。まずは決勝トーナメント進出を目指すことになるが、昨シーズンは鎌田大地、長谷部誠のふたりの日本人を擁するフランクフルトが優勝している。W杯シーズンの今季は、欧州最前線を彼らが逞しく戦うことで希望も見えてくる。

 大会開幕節の注目カードは、久保を擁するレアル・ソシエダが敵地オールド・トラフォードでユナイテッドに挑む一戦だ。


アトレティコ・マドリード戦では70分からの途中出場だった久保建英(レアル・ソシエダ)

 9月3日、久保は国内リーグのアトレティコ・マドリード戦で、70分からの途中出場となった(結果は1-1)。開幕から3試合連続先発出場だっただけに、「新加入選手のせいで、先発から押し出された?」という心配もあるが、あくまで「コンディション調整」と捉えるべきだろう。ELも並行して戦うなか、疲労が溜まって筋肉系のトラブルになるのを防止する必要があるのだ。

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?