ブンデスリーガは試合前に全選手検査。スタジアムに入れるのは何人?

 5月16日、ブンデスリーガ(1部、2部)が無観客で再開される。5月6日のアンゲラ・メルケル首相からのゴーサインを受けて、7日にDFL(ブンデスリーガ機構)から発表された。

 ブンデスの各チームは4月から、それぞれの州の要請に従って、人と人との間隔をあけるなど条件付きで、クラブの施設での練習を行なってきた。だが、この時期の再開は予想より早いという印象が強いだろう。そこには、とにかく再開して残りの日程をどうにか消化したいという経済的な事情も透けて見える。フランスやオランダが今季リーグ戦の中止を決め、スペイン、イングランド、イタリアも再開のめどが立たないなか、大げさに言えば、国とリーグの威信をかけての再開となる。


リーグ戦再開に向けて練習するロベルト・レバンドフスキ(左)らバイエルンの選手たち

 再開初戦はただでさえドラマチックになるはずだが、なかでも盛り上がりそうなカードが16日のレヴィアダービー、ドルトムント対シャルケだ。順位こそドルトムントが2位でシャルケが6位と少々離れてはいるが、そんなことは関係ない。近隣のライバル同士の一戦は常に熱くなる。

続きを見る

関連記事(外部サイト)