キエフのシェフチェンコとゲルマン魂。キレたジーコと美人記者の質問

追憶の欧州スタジアム紀行(6)
オリンピスキ・スタジアム(キエフ)

 キエフのオリンピスキ・スタジアム。ウクライナとポーランドが共催したユーロ2012では、決勝戦(スペイン対イタリア)を含む5試合が行なわれた。2017−18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝(レアル・マドリード対リバプール)も開催している。UEFAがカテゴリー4に認定する欧州最上級スタジアムのひとつである。

 1998−99シーズンCL準決勝。筆者がここを最初に訪れたのはその第1戦、ディナモ・キエフ対バイエルン戦だった。


ユーロ2012決勝、スペイン対イタリア戦も行なわれたオリンピスキ・スタジアム

 ディナモ・キエフの準々決勝第1戦は、サンティアゴ・ベルナベウで観戦していた。レアル・マドリードとのアウェー戦。ディナモ・キエフのアンドリー・シェフチェンコが先制ゴールを決め、プレドラグ・ミヤトビッチが入れ返して1−1で引き分けた一戦だ。

 ホームでの第2戦はシェフチェンコの2ゴールで2−0。ディナモ・キエフは前シーズンの覇者を下し、ベスト4に進出した。

続きを見る

関連記事(外部サイト)