再開したブンデスリーガをファンはどう見たか。「花火でなく、火花」

 コロナショックの続く5月16日、ブンデスリーガが再開した。無観客で再開された試合を観た結論を言おう。

「スタジアムに観客がまったくいないプロサッカーの試合を、もう2度と見たくない」

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐべく、DFL(ドイツサッカー機構)は再開後の各試合について「撮影できるフォトグラファーは3人まで」とルールを設けた。その3枠に入ることができなかったフォトグラファーである筆者は、今季の残り試合を撮影できなくなった。だが、サッカーを撮影することが私の生業だ。スタジアムに入れないなか、どうやって撮影しようか?

 そこで、ベルリンに住む友人のアパートを訪れた。に行き、ビール片手にソファーで試合をテレビ観戦するフォルトゥナ・デュッセルドルフ贔屓のフィル・ナディダイ氏とその友人(ヘルタ・ベルリン推し)、そして彼らを楽しそう眺めるナディダイ氏のフィアンセの3人を撮影することにしたのだ。


再開したブンデスの試合を居間でテレビ観戦中のベルリンのサッカーファン

 16日にはブンデスリーガの計6試合が開催され、チャンスやゴールシーンがあった会場に画面が自動的に切り替わるチャンネルがつけられていた。試合中、ナディダイ氏は「僕は生粋のフォルトゥナサポーターだ。そしてそれ以前にサッカーファンなので、サッカーがまた見られるだけで幸せだ」と上機嫌だった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)