ブンデスリーガ再開に賛否あるなか、視聴者数は倍増していた

 ドイツ各州では、入店者数の制限や、マスクの着用義務、座席間の距離の確保などの規則は設けられているものの、商店や飲食店などの営業が再開し、徐々にコロナ禍前の日常が戻ろうとしている。


無観客で再開したブンデスリーガ。ドルトムント対シャルケの一戦

 そうしたなか、5月16日、他の欧州強豪リーグに先駆けてブンデスリーガが再開した。

 とはいえ、前日に行なわれたドイツ国営第1放送『ARD』のアンケートでは、56%が「5月16日のブンデスリーガ再開に反対」し、同じく国営第2放送局『ZDF』のアンケートでは、62%が「今シーズンのリーグを中止すべき」と回答。早期の再開に消極的な意見も多かった。

 一般的な市民の間で賛否が分かれるなか、再開前には、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが「世界中で10億人が視聴するだろう」と話していたが、国内の視聴者数は通常の2倍に増加した。無観客で再開された土曜日のブンデスリーガは、放送局の『スカイ』によれば、のべ600万人が視聴したという。これは事前に危惧されていたような、スタジアムや広場にサポーターやウルトラスが集まることがなく、それぞれがテレビの前で観戦していたことを示している。

続きを見る

関連記事(外部サイト)