プレミアリーグ再開に足並み揃わず。合トレ参加を辞退する代表選手も

 無観客試合とはいえ、約2カ月という長い中断期間を経てドイツのブンデスリーガが再開したことは、他のヨーロッパ各国リーグに大きな自信と勇気を与えたようだ。それは、年間約4180億円という世界一高額な放映権料を手にするイングランドのプレミアリーグにも言える。


コロナを懸念するフランス代表MFエンゴロ・カンテ

 さっそく予定されていた各クラブによる5月18日のテレビ会議では、ソーシャルディスタンスを守りながら行なう少人数のグループ練習が許可されるなど、各クラブが作成したリーグ戦再開への「プロジェクト・リスタート」が一歩前進。新たなフェースに入ったことで、目標とする6月12日の再開に向けて、その勢いが加速した印象だ。

 実際、4人のグループに対してひとりのコーチがついて練習したというマンチェスター・ユナイテッドのハリー・マグワイアは、クラブの公式ウェブサイトで「(実際に練習を再開してみて)とても安全な環境にいると感じている」とコメント。そのほか、大多数の選手やコーチングスタッフも、これまでのシーズン再開までのプロトコルに不満を漏らすことなく、ポジティブな反応を見せている。

続きを見る

関連記事(外部サイト)