最高のお手本。見事にハマったマンCのカウンターのポイントは

サッカーIQラボ〜勝負を決めるワンプレー〜
Question
3対3のカウンター。この場面でシティはどのように崩したか?

 昨シーズン、国内3冠を達成したマンチェスター・シティだったが、今季はここまでリーグカップの1冠にとどまっている。しかし、まだクラブの悲願であるチャンピオンズリーグ(CL)のタイトル獲得のチャンスが残っている。

 シティは、2016−17シーズンからペップ・グアルディオラが監督に就任して以降、6つのタイトルを獲得してきたが、CLだけは未だベスト8の壁を越えられていない。

 今季はプレミアリーグ3連覇をリバプールに阻まれ、その悔しさを払拭するためにも、クラブ初のCLタイトルをもたらしたいところである。

 リーグ連覇を阻まれた直後のプレミアリーグ第32節、優勝したリバプールを相手に、シティはホームで憂さを晴らすように4−0の大勝を収めた。リーグ最小失点で堅守のリバプールを、シティの攻撃陣は見事なコンビネーションで打ち砕いていった。


カウンターになった場面で、マンチェスター・シティの3人はどんな崩し方を見せただろうか

 4点目となった後半21分のシーンだ。ロドリからのパスをケビン・デ・ブライネが前線で受け取ると、ラヒーム・スターリングとフィル・フォーデンが走り込んできた。

 このカウンターの場面で、シティはどう崩しただろうか?

【写真】世界の美女サッカー選手たちはこちら>>

続きを見る

関連記事(外部サイト)