久保建英、ビジャレアルでの起用法は? 新指揮官エメリ監督が求める役割

シリーズ「リーガに挑んだ日本人」はこちら>>

 久保建英(19歳)の移籍を巡る"狂騒"の幕がようやく閉じた。

 日々、さまざまな噂が上がっていたが、当初から行く先はスペイン国内に絞られていた。「ヨーロッパカップに出場する、もしくは出場が狙えるチーム。年俸+レンタル料で500万ユーロ(約6億円)」というのが目安だった。その点で、新天地に決まったビジャレアルは"想定内のクラブ"と言えるかもしれない。


ビジャレアルへの移籍が正式に発表された久保建英

 2019−20シーズン、ビジャレアルは5位でヨーロッパリーグ出場権を獲得している。人口約5万人の小さな町のクラブだが、世界的セラミック産業に支えられている。かつてはフアン・ロマン・リケルメを擁し、チャンピオンズリーグでベスト4に勝ち進んだこともある、国内の有力クラブのひとつだ。

「ウナイ・エメリ監督によって、久保の入団が急転直下で決まった」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』は、入団の経緯をそう説明している。

 当初、クラブはレアル・マドリードと、攻撃的MFオスカル・ロドリゲスの期限付き移籍で獲得交渉を重ねていた。レジェンドのひとりである元スペイン代表MFサンティ・カソルラが退団(契約満了により、シャビ・エルナンデス監督が率いるカタールのアル・サッドへ移籍)。代わるべき人材が必要になっていたのだ。

 しかし、新たにビジャレアルを率いることになったエメリが、同じポジションの久保を選択したという。新指揮官は久保をどのように使うのか?

 エメリは、稀代の戦術家として知られる。

 選手としては大成しなかったが、現役時代から理論派で知られ、膝の大けがでスパイクを脱ぐと同時に、2004年に33歳で監督業をスタート。当時所属していたロルカをいきなり2部に、さらにアルメリアを1部に導き、一躍脚光を浴びる。

 2008年から強豪バレンシアを率いて欧州を舞台に戦い、2013年からはセビージャの指揮を執り、3シーズン連続ヨーロッパリーグ優勝で名を高めた。パリ・サンジェルマン、アーセナルでも実績を積み、今や欧州でも有数の監督だ。

続きを見る

関連記事(外部サイト)