「レコードブレーカー」ロナウド。35歳にして神技を連発できる要因は

◆「ルイス・フィーゴが久保建英を語る」の記事はこちら>>>

 チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16第2戦。セリエAで前人未到の9連覇を成し遂げたばかりのユベントスは、1−0で落とした第1戦のビハインドを覆し、ホームで2−1のスコアでリヨンに逆転勝利を飾った。


衰え知らずのクリスティアーノ・ロナウド

 しかしながら、2試合のトータルスコアは2−2。結局、この試合でアウェーゴールを決めたリヨンに軍配が上がり、ユベントスはラウンド16で姿を消すこととなった。

 敗退翌日、フロントは指揮官マウリツィオ・サッリをわずか1シーズンで解任することを決断。同時に、U−23チームの監督に着任したばかりのクラブのレジェンド、アンドレア・ピルロがトップチームの新監督に就任することを発表し、周囲を驚かせた。

 引導を渡されたサッリにとっては、スクデット獲得から約2週間で天国から地獄に突き落とされた格好だ。これも常勝軍団を率いる者の宿命なのかもしれないが、しかしネガティブなイメージで幕を閉じた今シーズンのユベントスも、振り返ってみれば9連覇も含めて収穫が少なくないシーズンだったはずだ。

 とりわけ、抜群の輝きを放ち続けたクリスティアーノ・ロナウドの活躍ぶりは、今シーズン最大のトピックだろう。

 御歳35になったロナウドは、年齢による衰えを見せるどころか、ますます研ぎ澄まされたプレーからゴールを量産。大舞台での強さもあいかわらずで、実際リヨンとのCLラウンド16第2戦でも2ゴールをマークしている。

 なかでも、相手の寄せが甘いと見るや、一瞬の隙を突いて22〜23メートルの距離から突き刺した逆転ゴールは、利き足ではない左足を鋭く振り抜いた一撃。まさしく、35歳にしてストライカーとしての進化を感じさせる極上のミドルシュートだった。

 今シーズンの印象的なゴールと言えば、セリエA第12節のサンプドリア戦で決めたヘディングシュートも、リヨン戦のそれに匹敵する驚愕的ゴールとして挙げられる。

続きを見る

関連記事(外部サイト)