6歳でプロになると決意。怒れるルカクはデカい選手の育成の好例だ

サッカースターの技術・戦術解剖
第21回 ロメル・ルカク

<体格を生かしたプレーと足元のテクニック>

 育成段階で体の大きな選手は伸びないとの説がある。体の小さな子は技術を身につけプレーの幅を広げていくが、大きな子はほかの子との体格差で簡単にプレーできてしまうために、技術が伸びないというのが理由のようだ。


190cmの体格と足元のテクニックで、トップクラスに成長してきているロメル・ルカク

 実際のところはいちがいには言えないと思う。ティエリ・アンリ(フランス)は12歳の時点で同世代のチームメートより頭2つぐらい身長が高かったが、問題なく大成している。我々はどうも、子どものころに小さくて体格も貧弱だったが、長じてスーパースターになったという物語ばかり聞かされすぎているのではないか。

 ボールが地面にあるかぎり、サッカーで小さな選手は不利ではない。敏捷性に優れていることが多い分、むしろ有利かもしれない。しかし一方で、大きな選手に向いているプレーもある。

 インテルのベルギー代表、ロメル・ルカクは、大きな選手に何ができるかを示す好例だ。

 190cm、104kg。半身で背後の相手を抑え込んでのポストプレーが圧巻だ。押しても引いてもびくともしない。半身でパスを受け、横に一歩進んでしまえばほぼ勝負ありだ。相手DFはルカクの強靱な腕と幅のある体が間にあるので、足がボールに届かないのだ。ルカクは反転し、DFから遠いほうの足でシュートやパスを繰り出す。

 空中戦も強力。そもそも背が高いので最高打点が相手より高い。DFはジャンプ力で上回らないかぎり勝つのは難しい。しかも、最高打点でボールをとらえるためのポジショニングをしたくても、ルカクの大きな体が邪魔になる。

 ゴール前の場所の取り合いで発生するフィジカルコンタクトで、ルカクは圧倒的に有利だ。体をぶつけにいっても、ぶつけたほうが倒れてしまうし、先にいい場所を占めても軽い接触だけで押し出されてしまう。

続きを見る

関連記事(外部サイト)