香川真司、昇格を逃す。プレーオフで輝くもシーズン通しての評価は?

シリーズ「リーガに挑んだ日本人」はこちら>>

 香川真司を擁するリーガ2部サラゴサは、昇格プレーオフ準決勝セカンドレグでエルチェに0−1で敗れている(ファーストレグはスコアレスドロー)。40歳のスペイン人ストライカー、ニノの老練な一発に轟沈。あと一歩、1部に手が届かなかった。

「私個人のことについて話すタイミングではない。サッカーは残酷なものだが、今回は痛みを伴う悲しさだ」

 サラゴサの指揮官であるビクトル・フェルナンデスは来季の去就を問われ、その胸中を語っている。

 運命のプレーオフ、香川はその実力を示したが――。


昇格プレーオフのエルチェ戦で奮闘する香川真司(サラゴサ)

 8月16日、エルチェとのセカンドレグで先発出場した香川は、大車輪の働きを見せている。トップ下的なポジションで巧みにボールを受け、収め、決定的なパスを出す。周りからの信頼も伝わってきた。

 前半29分のスルーパスは、ドルトムント、マンチェスター・ユナイテッドの選手だった証明のようなものだったかもしれない。後方からのボールを受け、前線を走るFWミゲル・リナレスに完璧なコース、タイミングのスルーパスを通している。しかし、GKと1対1になったリナレスは決められない。

 実はプレーオフのファーストレグでも、香川が決定機を作り出しながら、味方が決め切れないシーンが続いていた。

「深刻な得点力不足になるだろう」

 地元メディアは、プレーオフ前からそう暗示していた。

 2部最終節のデポルティーボ・ラ・コルーニャ対フエンラブラダ戦で、新型コロナウィルスの陽性者が多数出たことにより、プレーオフの開催時期がずれ込むことになった。そして不運にも、チームのエースFWであるルイス・スアレスを「貸出期間切れ」でワトフォードへ戻さざるを得なかった。リーグ得点ランキング2位のストライカーの損失は痛手だった。

 緊急事態で、香川はフィニッシャーとしての役目も求められたが、果敢に奮闘した。

 49分、香川は左サイドのブルギからゴール正面でボールを受け、左足で自らシュート。ブロックされながらも枠に飛び、GKも白旗を上げたが、無情にもバーを叩いた。70分には、カウンターから、イニゴ・エグアラスからの縦パスを鮮やかに反転して受け、一気にゴール前に殺到。数的優位で左右に味方がいても、自らドリブルで持ち込んでシュートしたが、2人がかりの決死のタックルに阻まれてしまった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)