名将ビエルサのらしさ全開。リーズがリバプールを崩した会心の一撃

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー〜

Question
縦へのランニングから、リーズはどうリバプールを崩した?

 2020−21プレミアリーグ第1節、リバプール対リーズ・ユナイテッド。昨季王者と17年ぶりにブレミアリーグに帰ってきた古豪の一戦は、大きな注目を集めた。

 名将マルセロ・ビエルサ率いるリーズは、昨季チャンピオンシップ(実質2部)を制し、クラブ創設100年の節目に17年ぶりのブレミアリーグ昇格を決めた。そのスタイルはビエルサの色を濃厚に感じさせる。

 マンツーマンのハードな守備でボールを奪うと、カルヴィン・フィリップスの美しいロングフィードを起点に、前線の選手がダイナミックにゴールへ襲いかかる高速カウンターは、勇敢で洗練されている。

 そしてビエルサのチームは、どんな強敵にもいっさい怯まず真正面からぶつかり、必ずと言っていいほどエキサイティングな展開なる。この日もまさにそうだった。


エルデル・コスタの内側をアイリングが駆け上がる。このあと、リーズはどんな展開を見せただろうか

 後半21分、3−3となった同点シーンだ。右サイドのエルデル・コスタがボールを持つと、ルーク・アイリングが駆け上がった。次のシーンでリバプールにどう隙が生まれただろうか?

続きを見る

関連記事(外部サイト)