早くもチェルシーの中心。カイ・ハフェルツの凄さはじわじわ来る

サッカースターの技術・戦術解剖
第29回 カイ・ハフェルツ

<エジル+バラックの評価>

 カイ・ハフェルツ(ドイツ)は今季、レバークーゼンからチェルシーに移籍。移籍金は約100億円、5年契約。移籍金額で言えば、ティモ・ヴェルナー(ドイツ)、ハキム・ジエク(モロッコ)より高かった。プレミアリーグ開幕から先発で起用されている。


巨額な移籍金でチェルシー入りした、カイ・ハフェルツ

 サッカーを始めたのは4歳、祖父が会長のアレマニア・マリアドルフというクラブだった。10歳の時にアレマニア・アーヘンの下部組織で1シーズンだけプレーして、すぐにレバークーゼンのユースチームに移っている。

 トップチームデビューは17歳、レバークーゼンの最年少記録だった。18歳で50試合出場を果たし、19歳で年間MVPの投票でマルコ・ロイスに次ぐ2位に選出されるまでになった。20歳でブンデスリーガ100試合出場を達成。トップリーグ100試合というと、中堅の経験値だが、20歳でもうそこに到達していたわけだ。

 ドイツのメディアは「メスト・エジル+ミヒャエル・バラック」と評した。左利きで飄々としたゲームメークはエジルを思わせるものがあり、189pの長身とオールマイティな資質はバラック風でもある。

 ポジションはトップ下か右サイドが多いが、攻撃的なポジションならどこでもこなせる。ただ、適性はサイドよりも中央だろう。ゲーム展開が読めて、どこへパスするか、どこへ動けばいいかがわかっている。攻撃をオーガナイズできる能力がある。

 そうかと思えば、するするとゴール前へ出て行って、長身を利したヘディングシュートを狙う。得点力もハフェルツの魅力だ。リーチがあるので、こぼれ球もけっこう決めている。柔らかいスルーパスにも定評がある。

続きを見る

関連記事(外部サイト)