1位ブラジル、日本は? 最新の非FIFAランキングを独自推計してみた

◆「11カ月ぶり日本代表戦の見どころ」>>

 1位ブラジル、2位スペイン、フランス、4位アルゼンチン、5位オランダ、ドイツ、7位ベルギー、ポルトガル、オーストリア、10位コロンビア、カメルーン、クロアチア、スロベニア......。これが独自推計の最新ランキングだ。

 日本代表はオランダのユトレヒトで、9日にカメルーンと、13日にコートジボワールと親善試合を行なう。欧州で試合をするのになぜ欧州勢ではなくアフリカ勢と戦うのかといえば、欧州ではUEFAネーションズリーグが開催されているからだ。


オランダに集結した日本代表のメンバーの練習風景

 ネーションズリーグはUEFAに加盟する55の国と地域の代表チームが、偶数年の9月から翌年の6月にかけて、欧州一を懸けて争う大会だ。55チームを実力に応じて4つのカテゴリー(リーグA〜リーグD)に分け、それぞれでリーグ戦を行なう。最上位のリーグAでは4チームずつ4組に分かれて対戦し、各組の1位チーム同士(計4チーム)で準決勝と決勝を行ない、その優勝チームが欧州ナンバーワンチームとなる。B〜Dのリーグでは昇格・降格をかけて戦う。実力の接近した国同士が競い合う形式をとっているところが、この大会の一番の特徴になる。

 初回大会が開催されたのは2018−19シーズンで、今回は2回目。UEFAはこの他に4年に1度、ユーロを開催しているので、欧州の代表チームは欧州域内の相手と、コンスタントに対戦する環境の中にいる。その分、他の地域と交流する機会が減った。欧州の各国代表チームには、たとえば、日本までアウェー戦を戦うために出向くだけの時間的な余裕がなくなっている。

 もっとも、今年6月に開催されるはずだったユーロ2020本大会は、コロナの影響で延期された。その開催は不透明な状況にあるが、一方で第2回のネーションズリーグは、この9月からスタートしている。すでに各国とも第2節の戦いを終了。10月11日から第3節の戦いを迎える。

 初代の覇者はポルトガルで、準優勝はオランダだった。ポルトガルはユーロ2016フランス大会も制しているので、2大会連続欧州一に輝いたことになる。また、2016年ユーロ、2018年ロシアW杯と連続して予選落ちしたオランダにとっては、復活をアピールする機会になった。

 今大会は、2戦を終えた段階で、グループAではベルギー(第2組)、ポルトガル、フランス(第3組)の3チームが2連勝。幸先のよいスタートを切っている。

続きを見る

関連記事(外部サイト)