南野拓実がCL開幕戦で見せた役割。0トップで出場時間は増える

 2020−21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)が開幕した。リスボンで集中開催された昨シーズンの決勝トーナメントが終了して、2カ月経たないうちに再開されたことになる。

 第1節の結果は以下のようになった。

グループA
ザルツブルク(オーストリア)2−2ロコモティフ・モスクワ(ロシア)
バイエルン(ドイツ)4−0アトレティコ・マドリード(スペイン)
グループB
レアル・マドリード(スペイン)2−3シャフタール・ドネツク(ウクライナ)
インテル(イタリア)2−2ボルシアMG(ドイツ)
グループC
マンチェスター・シティ(イングランド)3−1ポルト(ポルトガル)
オリンピアコス(ギリシャ)1−0マルセイユ(フランス)
グループD
アヤックス(オランダ)0−1リバプール(イングランド)
ミッテラン(デンマーク)0−4アタランタ(イタリア)
グループE
チェルシー(イングランド)0−0セビージャ(スペイン)
レンヌ(フランス)1−1クラスノダール(ロシア)
グループF
ゼニト(ロシア)1−2クラブ・ブルージュ(ベルギー)
ラツィオ(イタリア)3−1ドルトムント(ドイツ)
グループG
ディナモ・キエフ(ウクライナ)0−2ユベントス(イタリア)
バルセロナ(スペイン)5−1フェレンツバロシュ(ハンガリー)
グループH
パリ・サンジェルマン(フランス)1−2マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
ライプツィヒ(ドイツ)2−0イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)


アヤックス戦の後半14分から出場、リバプールの勝利に貢献した南野拓実

 昨シーズンは準々決勝でバルセロナを8−2で倒すなど、圧倒的な力を見せつけたバイエルンの2連覇なるか。これが最大の焦点になる。とはいえ、ご承知のように、CL史において連覇を達成したクラブは、レアル・マドリードしかいない(2015−16から3連覇)。それ以前になると、1988−89、1989−90シーズン(チャンピオンズカップ時代)を制したミランまで遡らなくてはならない。 

 一方で、欧州内の勢力争いも気になる。昨季、準決勝に進出した4チームの内訳はドイツ勢、フランス勢各2だった。欧州ランク1位のスペイン勢、同2位のイングランド勢がともにベスト4入りを逃した事例は、ユベントスとアヤックスがローマで決勝を争った、1995−96シーズンまで遡る。

続きを見る

関連記事(外部サイト)