モンテディオ山形のFW大黒将志が左腓腹筋肉離れと診断 今季はリーグ戦4ゴール記録

記事まとめ

  • モンテディオ山形はFW大黒将志が負傷したことを発表した
  • 検査を受けた結果、左腓腹筋肉離れで、全治まで3週間と見込まれている
  • 大黒は今季、京都サンガF.C.から山形に期限付き移籍で加入し、リーグ戦4ゴールだった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております